「新劇場版「頭文字D」Legend3-夢現-」2016年2月6日公開、勝負はいよいよ最終章へ | アニメ!アニメ!

「新劇場版「頭文字D」Legend3-夢現-」2016年2月6日公開、勝負はいよいよ最終章へ

ニュース

8月6日のハチロクの日、新劇場版『頭文字D』の最新情報が発表された。シリーズ最新作『新劇場版「頭文字D」Legend-夢現-』の公開日がけ決定した。
2016年2月6日に全国公開される。シリーズは3部作を予定しており、本作が最終章となる。

映画『新劇場版「頭文字D」』はヤングマガジン創刊35周年記念として、原作完結後に製作が発表された。1作目である『新劇場版「頭文字D」Legend1-覚醒-』が2014年8月、続く『新劇場版「頭文字D」Legend2-闘走-』は2015年5月23日に公開された。
熱い戦いが繰り広げられてきたが、最終章である『新劇場版「頭文字D」Legend3-夢現-』は藤原拓海と赤城レッドサンズの高橋涼介のバトルになる。人気の高いエピソードを中心に描かれる。

公開日の発表と共に、『新劇場版「頭文字D」Legend-闘走-』のBlu-rayの発売が決定した。2015年11月3日に発売となる。通常版、初回限定生産盤、デラックス盤の3種類を展開する。
初回限定生産盤は、三方背BOX仕様で、ミニ台本と高橋啓介の免許証が封入される。映像特典として、宮野真守さん、中村悠一さん、小野大輔さん、白石稔さんらが登壇した舞台挨拶映像が収録される。デラックス盤は数量限定生産となり、初回限定生産盤の仕様に加えて、ラジコンカーが付属する。主人公・藤原拓海の乗るハチロクのラジコンで、スマートフォンで操作することが可能だ。通常版は4,980円(税抜)、初回限定生産盤6,800円(税抜)、デラックス盤は12,900円(税抜)となっている。

『頭文字D』はしげの秀一さんのマンガ作品であり、累計発行部数4860万部を超える大ヒット作だ。最新の映像で迫力ある戦いをまだ劇場で見ることができる。
最終章である今回は人気エピソードとあってファンの視線も熱いだろう。続報に注目したい。

『新劇場版「頭文字D」Legend3-夢現-』
2016年2月6日(土)全国ロードショー
(C)しげの秀一/講談社・2016新劇場版「頭文字D」L3作委員会
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集