大作アニメ「ペット」2016年公開決定 「ミニオンズ」のチームが新作に挑む | アニメ!アニメ!

大作アニメ「ペット」2016年公開決定 「ミニオンズ」のチームが新作に挑む

ニュース

大作アニメ「ペット」2016年公開決定 「ミニオンズ」のチームが新作に挑む
  • 大作アニメ「ペット」2016年公開決定 「ミニオンズ」のチームが新作に挑む
米国で空前の大ヒットを記録した、映画『ミニオンズ』の日本公開が7月31日よりスタートした。そうしたなかで本作を手がけたイルミネーション・エンターテインメントとユニバーサル・スタジオの新たな大型企画が明らかになった。
両社はCGアニメーションの新作『ペット』を発表した。新作は2016年に公開が決定、特報映像も早速、明かされた。

『ペット』はイルミネーション・エンターテインメントとユニバーサル・スタジオの『ミニオンズ』タッグが再び手を組む。2016年に東宝東和配給で日本公開となる。
イルミネーション・エンターテインメントはユニバーサル・スタジオの子会社であり、2010年に公開された『怪盗グルーの月泥棒』が第1作目となった。世界興行収入5億ドルを超えるヒットを記録し、その後も続々と新作を作り続けている。「怪盗グルー」シリーズは人気が高く、2015年には登場したミニオンのスピンオフ作品『ミニオンズ』が公開となった。
『ミニオンズ』は7月10日から全米で公開が始まり、公開初日の興行収入は全米アニメ作品史上1位となった。その大ヒット作品を手がけたスタジオのタッグが再び登場となる。



『ペット』はタイトルの通りペットが主役の物語だ。飼い主たちが留守の間のペットたちの“ヒミツ”の日常を描いている。特報映像では個性的なペットたちの動き回る姿を見ることができる。

『ペット』の製作は『ミニオンズ』と同じくクリス・メレダンドリ氏とジャネット・ヒーリー氏が務める。監督はクリス・ルノー氏とヤロー・チェイニー氏の共同監督だ。クリス・ルノー氏は『怪盗グルー』シリーズの2本でも監督を務めている。
脚本はブライアン・リンチ氏、シンコ・ポール氏、ケン・ドーリオ氏の3人が手掛ける。シンコ・ポール氏とケン・ドーリオ氏は『怪盗グルー』、『ミニオンズ』の脚本も手がけ、まさに人気作のスタッフが再集結となった。

『ミニオンズ』に続き、家族でも楽しめそうな新作の情報だ。2016年に公開予定であり、今後の続報にも注目したい。
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集