絵本「リサとガスパール」日本語版刊行15周年の展覧会、原画やラフスケッチなど公開 | アニメ!アニメ!

絵本「リサとガスパール」日本語版刊行15周年の展覧会、原画やラフスケッチなど公開

ニュース

絵本シリーズ『リサとガスパール』の日本語版刊行15周年を記念した展覧会「日本語版刊行15周年 リサとガスパール展」が、8月5日から24日まで松屋銀座8階のイベントスクエアで開催される。

イヌでもウサギでもない不思議なキャラクターが主人公の『リサとガスパール』は、パリ在住のゲオルグ・ハレンスレーベンとアン・グットマン夫妻による絵本作品。主人公の“リサ”は、ゲオルグがクリスマスに妻のアンに贈った“赤い手帳”に描かれていたイラストから生まれ、絵本としてシリーズ化。2015年に、シリーズの日本語版が刊行されて15周年を迎えた。

同展では、『リサとガスパール』シリーズの初期の代表作から、日本未刊行の最新作や未公開作品の原画約150点が展示される。さらに、日本初公開となる“赤い手帳”も登場。その他、絵本が出来るまでの初期のラフスケッチや立体物などの資料、同展のための新作『リサとガスパール@TOKYO STATION』の原画なども展開される。また、作家とアトリエを取材した最新映像も上映されるなど、同シリーズの世界観をたっぷりと楽しめる空間になっている。

グッズコーナーでは、ぬいぐるみやフィギュア、ポーチ、コースターなど、同展限定グッズを含む300アイテムが登場。ゲオルグ・ハレンスレーベン描き下ろし作品の販売も行われる。また、絵本のキャラクターたちと一緒に食事が楽しめる「リサとガスパール カフェ」もオープンする。

【イベント情報】
日本語版刊行15周年 リサとガスパール展
会場:イベントスクエア
住所:東京都中央区銀座3-6-1 松屋銀座8階
会期:8月5日~24日
時間:10:00~20:00(入場は閉場の30分まで、最終日は17:00まで)
休館日:会期中無休
料金:一般1,000円(前売りは700円)、高大生700円(前売りは500円)、中学生500円(前売りは400円)、小学生300円

絵本『リサとガスパール』日本語版刊行15周年の展覧会、未公開作品の原画や初期のラフスケッチなどを公開

《木村@HEW》
【注目の記事】[PR]

特集