劇場版「進撃の巨人」 大ヒット挨拶で神谷浩史リヴァイ熱演 荒木監督、諫山創も感謝 | アニメ!アニメ!

劇場版「進撃の巨人」 大ヒット挨拶で神谷浩史リヴァイ熱演 荒木監督、諫山創も感謝

イベント・レポート

『劇場版「進撃の巨人」後編~自由の翼~』大ヒット御礼舞台挨拶
  • 『劇場版「進撃の巨人」後編~自由の翼~』大ヒット御礼舞台挨拶
  • 『劇場版「進撃の巨人」後編~自由の翼~』大ヒット御礼舞台挨拶
  • (C)諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会
7月4日、『劇場版「進撃の巨人」後編~自由の翼~』の大ヒット御礼舞台挨拶が新宿バルト9にて開催された。リヴァイ兵長役の神谷浩史、エルヴィン団長役の小野大輔、荒木哲郎監督、そして原作者の諫山創も登壇する豪華なものだ。
今回の大ヒット御礼舞台挨拶は6月27日開催の初日舞台挨拶と同様に、全国からファンを募った。その応募の数は1万人、その中から当選を果たしたのはわずか400人である。幸運なファンたちの熱気が映画館を埋め尽くした。

スタートはリヴァイ役の神谷浩史の「おい…これは一体どういう状況だ?」という一声から。劇場版前編のリヴァイ登場シーンを本編さながらに再現し、会場は大きな歓声に包まれた。
本作のキャラクターのなかでも屈指の人気を誇るのがリヴァイである。神谷は『進撃の巨人』に出演したことを振り返る。
「テレビシリーズが始まる際に荒木監督が”この作品は自分の中ですごい大きなスケールで完成しそうなので、皆さんもご協力お願いします”と仰っていたことが印象的でした」と語った。「それを聞いて、自分もそんな作品に携われている事が誇りに思います」と自らの想いを伝えた。

エルヴィン役の小野は、苦労した点について「最初はエルヴィンというキャラクターが分からず不安だったが、原作でも徐々にその人間性がわかってくるようになり、”前進せよ!”のシーンでも人間的な所を出しました」と、ストーリーが進むにつれて役柄を掴めるようになったと明かした。

イベントのラストでは原作者の諫山が「この作品はたくさんの人々が関わり、色々な苦労をかけてきた作品。今改めて見るとそういった苦労が滲み出ている作品だと感じております」と。スタッフ・キャストに感謝の言葉を送った。
それに対し荒木監督も「原作も豊かな心が入っている作品だっただけに、アニメでもその部分を生かす事が出来て良かった。これからもいい作品を作っていきたいです」と、2016年オンエアが決定している第2期シリーズに向けて意気込みを語った。
[高橋克則]

『劇場版「進撃の巨人」後編~自由の翼~』
http://www.shingeki.tv/movie/
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集