「ハリー・ポッター」新作プロジェクト キャサリン・ウォーターストンを魔女役に起用 | アニメ!アニメ!

「ハリー・ポッター」新作プロジェクト キャサリン・ウォーターストンを魔女役に起用

「ハリー・ポッター」シリーズのJ.K.ローリングが描く魔法界を舞台にした映画『ファンタスティック・ビースト・アンド・ホエア・トゥ・ファインド・ゼム』の魔女役にキャサリン・ウォーターストンを起用することが明らかになった。

ニュース
「ハリー・ポッター」シリーズのJ.K.ローリングが描く魔法界を舞台にした映画『ファンタスティック・ビースト・アンド・ホエア・トゥ・ファインド・ゼム(原題):Fantastic Beasts and Where to Find Them』は2016年11月18日より世界各地で順次公開となる。日本でも2016年の公開を予定している本作。
その魔女役にキャサリン・ウォーターストンを起用することが明らかになった。先日の主人公に発表に続くものだ。

『ファンタスティック・ビースト・アンド・ホエア・トゥ・ファインド・ゼム』は「ハリー・ポッター」シリーズと世界観を共有する作品である。主人公の魔法生物学者ニュート・スキャマンダー役にはエディ・レッドメインが選ばれており、キャサリン・ウォーターストンはそれに続く二人目のキャスティングとなる。
ウォーターストンが演じるのはアメリカで魔力をふるっている魔女・ポーペンテイナ。幻獣を探して記録する旅の道中でニューヨークに立ち寄ったニュート・スキャマンダーと出会う。

ワーナー・ブラザース映画のグレッグ・シルバーマンは「キャサリン・ウォーターストンは『インヒアレント・ヴァイス』で才能を開花させ、批評家と観客の両方から高い評価を受けた注目のスターです」と彼女を高く評価していることを明かした。
そして「ワーナーの2016年ラインナップでもっとも期待される本作で、再び彼女をワーナー・ファミリーに迎えることができ、我々も大変喜んでいます」とコメントした。

本作の監督は「ハリー・ポッター」シリーズも手がけたデイビッド・イェーツが担当。J.K.ローリングが生み出したキャラクターであるニュート・スキャマンダー著のホグワーツ魔法魔術学校指定教科書「幻の動物とその生息地」を基に脚本を執筆した。
製作は「ハリー・ポッター」シリーズ全8作品を手がけたデイビッド・ヘイマンをはじめ、シリーズ7作品で脚本を担当したスティーブ・クローブス、シリーズ後半4作品で製作総指揮を手がけたライオネル・ウィグラム、さらにJ.K.ローリング自身が務めている。
[高橋克則]

『ファンタスティック・ビースト・アンド・ホエア・トゥ・ファインド・ゼム(原題)』
2016年11月18日より世界各地で順次公開 2016年日本公開決定
配給: ワーナー・ブラザース映画
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集