「ターミネーター:新起動/ジェニシス」シュワルツェネッガー来日決定 通算16回目 | アニメ!アニメ!

「ターミネーター:新起動/ジェニシス」シュワルツェネッガー来日決定 通算16回目

「ターミネーター」シリーズ最新作『ターミネーター:新起動/ジェニシス』は7月11日に全国公開を迎える。主演のアーノルド・シュワルツェネッガーと、エミリア・クラークの来日が決定した。

ニュース
日本公開から30周年を迎える「ターミネーター」シリーズ最新作『ターミネーター:新起動/ジェニシス』が7月11日に全国公開初日を迎える。主演のアーノルド・シュワルツェネッガーと、エミリア・クラークの来日がこのほど決定した。
二人は7月6日に六本木ヒルズ・アリーナで行われるジャパン・プレミアに登壇予定だ。日本でも圧倒的な人気を誇るシュワルツェネッガーだけに、大旋風を巻き起こすに違いない。

シュワルツェネッガーは映画第1作『ターミネーター』でT-800ターミネーターを演じ、圧倒的な存在感を残した。シリーズの顔とも言える人気俳優である。
今回の来日は2013年12月に映画『大脱出』のプロモーションで訪れて以来、実に1年7ヶ月ぶりとなる。しかし通算では16回目の来日となる。日本通ともいえるだけに、ファンにどのような姿を見せるかも注目だ。
そしてヒロインのサラ・コナーを演じるエミリア・クラークは今回が初来日。海外ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』に出演し、2013年のエミー賞助演女優賞にノミネートされるなど、多くの注目を集めている女優だ。

ジャパン・プレミア当日は、5月25日の「ターミネーターの日」にお披露目された3メートルの巨大シュワ型ターミネーターが再出現。さらに観客全員がターミネーターに扮する演出で、ゲスト2人を華々しく出迎える大規模な計画も進行している。
TOHOシネマズ六本木ヒルズでは、舞台挨拶付きプレミア上映を開催予定。六本木を「ターミネーター」一色に染めるジャパン・プレミアに心躍る発表となった。

本作はシリーズの生みの親である巨匠ジェームズ・キャメロンのアドバイスを採用。サイボーグのT-800に年を取らせるというアイデアを取り入れ、そこからシュワルツェネッガーの出演が決定した。
シュワルツェネッガー本人は「この映画に参加できて、とてもうれしいよ。映画化権を手に入れたと聞いたとき、とうとう新作を作るんだな! 俺もやっと再登板できるぞ! って思ったよ」とシリーズ復帰に喜びもひとしお。「日本の皆さんの熱い応援のおかげで、大ヒットシリーズになったことを感謝している。7月公開のシリーズ最新作に再びターミネーターとして登場する。ぜひ劇場で会おう!」と日本のファンへメッセージを送った。
[高橋克則]

『ターミネーター:新起動/ジェニシス』
7月11日(土)全国ロードショー
http://www.terminator-movie.jp/
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集