今年の夏も“サンライズフェスティバル” テアトル、ピカデリーにTOHOシネマズ 新宿3館で4週間 | アニメ!アニメ!

今年の夏も“サンライズフェスティバル” テアトル、ピカデリーにTOHOシネマズ 新宿3館で4週間

サンライズのアニメをまとめて紹介する「サンライズフェスティバル2015白南風」が今夏に開催される。テアトル新宿と新宿ピカデリー、TOHO シネマズ新宿が会場だ。

ニュース
ガンダムシリーズをはじめ数々の傑作、名作を世に送り出してきたサンライズは、日本のアニメ界を代表する存在だ。そんなサンライズのアニメ作品をまとめて紹介する大型上映企画「サンライズフェスティバル2015白南風」が今夏に開催される。
フェスティバルは6年前にスタート、東京・新宿を会場に毎年夏、約1ヵ月にわたり行われ大好評を博している。開催規模も年々拡大、2015年はテアトル新宿と新宿ピカデリーに、さらに今春にオープンしたTOHO シネマズ新宿が加わる。3館体制で夏の新宿を彩る。

アニメファンには堪らないこの「サンライズフェスティバル2015白南風」の上映作品ラインナップが発表された。4週間にわたり27作品が登場する。
まず注目されるのは、毎回目玉となっているオールナイト上映だ。8月15日の『BRIGADOON まりんとメラン』、22日『TIGER & BUNNY』、28日・29日ニ夜連続の『クロスアンジュ 天使と竜の輪舞』、9月5日『ガンダムビルドファイターズトライ』、12日『ガンダム Gのレコンギスタ』と続く。これらの上映は全てゲスト登壇予定で見逃せない。オールナイト以外でもゲスト登壇イベントは少なくない。事前にチェックしたいところだ。

サンライズフェスティバルでうれしいのは、普段は大型スクリーンで観ることの少ない往年の傑作があることだ。今年は『黄金勇者ゴルドラン』『ダーティペア』『機甲警察メタルジャック』『ミスター味っ子』…、と懐かしい作品が用意された。
8月21日の『白い牙ホワイトファング物語』は1982年のテレビスペシャルと、レア度がさらに高い。『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』で総監督を務める安彦良和が若き日にキャラクターデザインを務めた。安彦良和作品では、9月7日の初監督作品『クラッシャージョウ』(1983年)の上映もポイントだ。
サンライズの顔ともいうべき、ガンダム作品からも勿論ある。8月23日は『機動戦士ガンダム0083 ジオンの残光』、9月1日は『機動戦士Vガンダム』、さらに最終日9月12日『Gのレコンギスタ』に続く。

フェスティバルの会場は3館にまたがっており、通常上映、レイトショー、オールナイトと上映形態はバリエーションに富んでいる。より詳しい情報はこのほどオープンした特設サイトで確認できる。また公式Facebook、公式Twitterでも情報発信中だ。

サンライズフェスティバル2015 白南風(しろはえ)
http://www.sunrise-inc.co.jp/sunfes/
開催期間: 2014 年8 月15 日(土)~9 月12 日(土) (4週間、28日程、27作品)
開催場所: テアトル新宿、新宿ピカデリー、TOHO シネマズ新宿

Facebook https://www.facebook.com/sunrisefes
Twitter  @sun_fes https://twitter.com/sun_fes
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集