「コードギアス 亡国のアキト」スタッフトークショー 赤根和樹監督らが制作秘話も | アニメ!アニメ!

「コードギアス 亡国のアキト」スタッフトークショー 赤根和樹監督らが制作秘話も

5月15日、新宿バルト9にて、『コードギアス 亡国のアキト』第3章「輝くもの天より堕つ」のスタッフナイトトークショーが開催。赤根和樹監督、木村貴宏、島村秀一が登壇した。

ニュース
5月15日、新宿バルト9にて、『コードギアス 亡国のアキト』第3章「輝くもの天より堕つ」のスタッフナイトトークショーが開催された。赤根和樹監督、キャラクターデザイン・木村貴宏さん、総作画監督・島村秀一さんの3人が登壇し、本作の制作秘話や今後の展開など多彩な裏話が飛び交った。

まずアキトたちが前半で着た民族衣装について、赤根監督は「CLAMPさんの原案は美しいけれど、パーツがたくさんついていて描くのが大変そうだと思った」と口にした。
木村さんは「CLAMPさんにお願いするということは、動かしやすさ優先のアニメーターの発想にはないものを求めている」と依頼の意図を語った。「原画の人はがんばってと思ってアニメーション用のデザインを描いたら、ダンスシーンの原画は自分が担当することになってしまった」と会場の笑いを誘った。

また赤根監督は、パイロットスーツの前を大胆にはだけたアヤノの着こなしっぷりにも驚いた様子。その発案者である島村さんは「最初はちょっとクールっぽいキャラクターとして登場しましたが、実は開放的な子、あっけらかんとした子なんです」と彼女のキャラクターを説明し、「仲良くなるといろんなところが気になるんじゃないかと思って描きました」と胸の内を明かした。
さらに『コードギアス 反逆のルルーシュ』にも登場した枢木スザク役の櫻井孝宏さんと、ジュリアス・キングスレイ役の福山潤さんについても触れられた。赤根監督は「二人はもうキャラクターを作りきってます。アフレコが終わった時はこちらが、なるほどと思わされる感じでした」と絶賛していた。

イベントではTwitterで事前に募集した質問なども取り上げられ、大きな盛り上がりを見せた。最後に赤根監督は、7月4日に劇場上映がスタートする第4章「憎しみの記憶から」では戦闘シーンだけでなく人間模様でも大きな動きがあることを語った。
『コードギアス 亡国のアキト』は全4章から全5章へ変更が発表されており、シリーズの完結に向けてファンの期待が高まるイベントとなった。
[高橋克則]

『コードギアス 亡国のアキト』
http://www.geass.jp/akito/
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集