荒川弘が描く「七つの大罪」、鈴木央が描く「アルスラ―ン戦記」 日5アニメでコラボイラスト | アニメ!アニメ!

荒川弘が描く「七つの大罪」、鈴木央が描く「アルスラ―ン戦記」 日5アニメでコラボイラスト

ニュース

MBS/TBSの日曜日17時からは、話題のアニメが放送される時間帯としてアニメファンにお馴染みだ。『ハイキュー!!』や『鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST』『機動戦士ガンダム00』など数々の傑作、人気作品が届けられている。
そして2014年10月からこの3月まで放送されていたのが、鈴木央の人気マンガを原作とした『七つの大罪』である。リオネス王国の伝説の騎士団“七つの大罪”の活躍を描いた。

3月29日には、最終話となる第24話「英雄たち」で大団円を迎えた。ファンも大満足な最終話の最後、サプライズな企画が行われた。
番組の最後に登場するエンドカードのイラストに、驚くような大物が参加した。『鋼の錬金術師』などで人気の荒川弘である。描かれたシーンは主人公メリオダスと、彼を最後まで苦しめたヘンドリクセン。荒川らしい溌剌としたメリオダスが特徴だ。

実はこのイラストは「日5」を通じたコラボレーションである。同じ「日5」の次週、4月5日より荒川弘がマンガ原作のアニメ『アルスラーン戦記』の放送がスタートする。ここで『アルスラーン戦記』が『七つの大罪』のフィナーレにエールを送り、新番組につなげた。
さらに4月5日の『アルスラーン戦記』第1話のエンドカードには、『七つの大罪』原作者の鈴木央の描くアルスラーンのイラストが登場するという。こちらはまずテレビで確かめることになるが、エンドカードを通じたエール交換は、ファンには見逃せないものになりそうだ。

『アルスラーン戦記』は田中芳樹の往年の人気小説を、人気作家の荒川弘がマンガ化し大きな話題を集めた。こんどはそれがアニメとなる。
隣国ルシタニアに奪われた王国を奪回するために、王太子アルスラーンと彼を助ける仲間たちの活躍を描く大河ファンタジーだ。

テレビアニメ『七つの大罪』
http://www.7-taizai.net/

テレビアニメ『アルスラーン戦記』
4月5日より毎週日曜17時~MBS/TBS系全国28局ネットにて
http://www.arslan.jp

テレビアニメ『七つの大罪』
(C)鈴木央・講談社/「七つの大罪」製作委員会・MBS
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集