パックマンからドンキーコング、スペースインベーダーが地球侵略 映画「ピクセル」9月19日公開 | アニメ!アニメ!

パックマンからドンキーコング、スペースインベーダーが地球侵略 映画「ピクセル」9月19日公開

ニュース

パックマンからドンキーコング、スペースインベーダーが地球侵略 映画「ピクセル」9月19日公開
  • パックマンからドンキーコング、スペースインベーダーが地球侵略 映画「ピクセル」9月19日公開
パックマンやドンキーコング、ギャラガ、そしてスペースインベーダーが集まって地球を侵略し始める。そんな奇想天外なハリウッドのビッグムービーが、2015年に世に送り出される。
ソニー・ピクチャーズエンタテインメントは、映画『ピクセル』の9月19日(土)公開を発表した。またティザービジュアルや特報も発表された。とりわけ三次元化したゲームギャラクターたちが次々に登場する特報は楽しさ満載で、必見である。

映画に登場するのは、パックマン、ドンキーコング、ギャラガ、スペースインベーダーなど。実写ハリウッド映画に異なるゲーム会社の複数のキャラクターが登場するのも史上初の快挙だという。ゲームを違和感なく物語に仕立てたのが、「ハリー・ポッター」シリーズや「ナイト ミュージアム」シリーズで活躍するクリス・コロンバス監督だ。
ゲームから飛び出してリアルに攻めてくるキャラクターたちに、ゲームオタクが立ち向かうというストーリーを創りだした。これまでになかった映像体験が出来そうだ。



物語は今から30数年前にNASAが宇宙人に向けて紹介映像を宇宙に向けて発信したことから始まる。それを受け取った宇宙人は、その中に含まれていたゲーム映像を友好のメッセージではなく挑戦状と受け取ってしまった。彼らはその映像のゲームキャラクターに扮し、現代の地球を侵略しにやってくる。
ワシントンDCの空に現れる巨大なギャラガ、ニューヨークで大暴れするパックマン、しかも彼らは触れたもの全てをブロック状のピクセル化する技を持っていた。
それに対して80年代のゲームチャンピオン=元ゲームオタクたちが立ち上がる。ゲームのクリアか、人類全滅か、見どころ満載だ。日本が誇るゲームキャラクターたちに、懐かしい8ビットのゲーム音も往年のゲームファンにはうれしいだろう。

『ピクセル』
2015年 9月19日(土) ロードショー

監督: クリス・コロンバス
主演: アダム・サンドラー、ミシェル・モナハン
配給: ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集