ニコニコ超会議に「超コミケットスペシャル」出展  二つの大型イベントが連携 | アニメ!アニメ!

ニコニコ超会議に「超コミケットスペシャル」出展  二つの大型イベントが連携

「ニコニコ超会議」でコミックマーケット準備会が「超コミケットスペシャル」を出展することが発表された。3月に開催される「コミケットスペシャル」との連携イベントとなる。

ニュース
2015年4月25日、26日に幕張メッセ国際展示場にて、 「ニコニコ超会議2015」が開催される。ネットで展開するニコニコのコンテンツのほぼ全てをリアルに実現する異色の巨大イベントだ。
この会場にコミックマーケット準備会が、「超コミケットスペシャル」のブースを出展する。2月17日に行われた「ニコニコ超会議2015発表会」の中で明らかにされた。

コミックマーケット準備会は毎年夏と冬に開催「コミックマーケット」を運営しており、3月28日、29日には特別イベントの「コミケットスペシャル6~OTAKUサミット2015~」を幕張メッセ国際展示場で開催する。「超コミケットスペシャル」は、この「コミケットスペシャル6」と「ニコニコ超会議2015」が連携する。
コミックマーケットは1975年スタートの老舗イベント、一方ニコニコ超会議は2012年に始まったばかり。大きな違いはあるが、日本の様々なカルチャーが集まる巨大イベントという共通点がある。これまでありそうでなかった連携が話題を呼びそうだ。

2015年でコミケットは40周年を迎える。その記念として開催されるのが「コミケットスペシャル6~OTAKUサミット2015~」だ。「コミケットスペシャル」は、年に夏と冬の2回開催されるコミックマーケットと違い、5年に1度開催される。2015年で6回目の開催となり、毎回テーマを変えて、通常のコミケでは難しいことに挑戦する。
6回目となる今回は「OTAKUサミット」と銘打ち、日本だけでなく世界各国のマンガやアニメなどのファン、ファンイベントが協力している。コミックマーケッにも年々外国人の来場者が増えていることもあり、更に多くの人々の来場が予想される。

「コミケットスペシャル6」は3月28日、29日に幕張メッセで開催される。従来のコミケのようなサークルや一般参加、企業だけではなく海外の参加者を招いて、クリエイターやコスプレイヤー、ファンの交流の場にする。
コミケは3日間で50万人以上の参加者が集まるが、コミケットスペシャルは一体どれほどのクリエイター、ファンたちが集まるのか。「超コミケットスペシャル」の続報にも期待して待ちたい。

「コミケットスペシャル6」 公式サイト
http://cmksp.jp/cs6/w/
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集