レゴで遊べる「レゴランド・ディスカバリー・センター」 大阪・天保山に2015年春登場 | アニメ!アニメ!

レゴで遊べる「レゴランド・ディスカバリー・センター」 大阪・天保山に2015年春登場

ニュース

2015年春に大阪・天保山マーケットプレースに「レゴランド・ディスカバリー・センター大阪」が登場する。敷地面積は延べ3000平方メートルという屋内型の大型施設だ。
「レゴランド・ディスカバリー・センター」は、ブロック玩具でお馴染みの“レゴ”で楽しるエンタテイメント施設で、国内では東京・お台場に続き2つ目となる。

「レゴランド・ディスカバリー・センター大阪(LDC大阪)」では、レゴブロックプールやレゴ教室、4Dシネマなどを予定している。レゴ教室ではテーマごとの作品を作るなど、エンタテイメントである同時に、子どもの創造力も引き出す仕掛けになっている。大阪の景観を再現したレゴの巨大ジオラマの展示も話題になりそうだ。

1月7日には、オープン予定地の天保山マーケットプレースで起工式イベントが開催した。施設の運営をするマーリン・エンターテイメンツのジェームス・バーレイさんと、このLDC大阪の代表に就任したエドウィン・大村さんが起工式セレモニーを行った。
ここでLDC大阪のマスター・ビルダーを決める「マスタービルダーコンテスト」の開催も発表された。

さらに世界で現在12名しか認定されていないレゴ職人、マスター・ビルダーである大澤よしひろさんを招いたワークショップも行われた。3歳から6歳の子供たちを対象に体験レッスンを開催した。
大澤よしひろさんは2010年のTVチャンピオンレゴブロック王選手権の優勝者で、日本で唯一のマスタービルダーである。今まで作った作品は100以上あり、個展も開催している。
幼稚園からレゴブロックを使って遊んでいた大澤さんは「想像したものを表現できる材料というだけでなく、レゴブロックを通じてたくさんの人達と知り合いになれるコミュニケーションツールとしての役割も隠れた魅力のひとつ」と話した。大阪へ新たに家族で楽しめる施設が登場に、期待も高まりそうだ。

レゴランド・ディスカバリー・センター大阪
オープン予定: 2015年春
場所: 天保山マーケットプレース内
http://www.kaiyukan.com/thv/marketplace/
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集