新宿駅シビュラシステムに介入する少女の名前は“ミァハ” 伊藤計劃「ハーモニー」で世界転覆を考える | アニメ!アニメ!

新宿駅シビュラシステムに介入する少女の名前は“ミァハ” 伊藤計劃「ハーモニー」で世界転覆を考える

ニュース

『ハーモニー』(c)Project Itoh /HARMONY『劇場版 PSYCHO-PASS サイコパス』(c)PSYCHO-PASS Committee
  • 『ハーモニー』(c)Project Itoh /HARMONY『劇場版 PSYCHO-PASS サイコパス』(c)PSYCHO-PASS Committee
  • 『ハーモニー』(c)Project Itoh /HARMONY
  • 『虐殺器官』(c)Project Itoh /GENOCIDAL ORGAN『ハーモニー』(c)Project Itoh /HARMONY『屍者の帝国』(c)Project Itoh /THE EMPIRE OF CORPSES
東京・新宿駅に、とびっきり危険な少女が現れた。彼女の名前は御冷ミァハ、SF作家・伊藤計劃の『ハーモニー』に登場するキャラクターだ。極端な健康志向と社会調和のうえに築かれた超高度医療社会、ミァハは14 歳の頃から、世界の転覆を口にし、自らを公共の敵)として位置付ける。『ハーモニー』の物語で重要なカギを握る。
そんなミァハ出現したのは、こともあろうに丸ノ内線新宿駅のメトロプロムナードに設置された「シビュラシステム」である。シビュラシステムは人々を計測し、算出された数値から潜在的な犯罪者を見つけだし、社会から排除するものだ。人気のアニメ『PSYCHO-PASS サイコパス』の作中に登場する。ミァハの犯罪係数は一体どこまで上がるのか?と考えさせてしまう。

ミァハはまず1月8日20時に、シビュラシステムに姿をみせる。『PSYCHO-PASS サイコパス』のお馴染みのキャラクター達と共演する。
その後は、シビュラシステムの設置期間である1月11日までし出現する。ただし、出現はランダムとのことだ。現地を訪れて、運が良ければ出会えるかもしれない。

『ハーモニー』は、フジテレビ「ノイタミナ」が進める伊藤計劃に関連する小説の映画化3作品の1本だ。2008年に発表され、第40回星雲賞日本長編部門、第30回日本SF大賞、それに米国のフィリップ・K・ ディック賞の特別賞を受賞している。
優しさ過ぎる世界に対して抵抗を示すため、自殺を試みた3人の少女。ただひとり生き残った霧慧トァンは、ある大規模犯罪をきっかけに共に死のうとして死んはずの御冷ミァハの存在を確かめるため立ち上がる。
日本を代表するアニメーターであり、そして演出のなかむらたかしと『鉄コン筋クリート』などのマイケル・アリアスが監督を務める。アニメーション制作は最先端の映像で世の中を驚かせ続けるSTUDIO4°Cだ。

Project Itoh 公式サイト
/http://project-itoh.com

『ハーモニー』
(C)Project Itoh / HARMONY
『劇場版 SYCHO-PASS サイコパス』
(C)PSYCHO-PASS Committee
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集