「オズ めざせ!エメラルドの国へ」で声優初挑戦 リア・ミシェルがインタビュー映像を配信 | アニメ!アニメ!

「オズ めざせ!エメラルドの国へ」で声優初挑戦 リア・ミシェルがインタビュー映像を配信

ニュース

2014年全米公開されたアニメーション映画『オズ めざせ!エメラルドの国へ』が、1月10日より新宿バルト9ほかにて全国公開される。多くの人のお馴染みの児童文学『オズの魔法使い』の続編だ。再びオズの国に戻ったドロシーが、新たな冒険に出会う。
その主人公のドロシーを演じたのは、今回声優に初挑戦した米国の人気女優リア・ミシェルさんだ。このたび、彼女のインタビュー映像が配信された。作品への熱い想いを打ち明けているファン必見の内容だ。

リア・ミシェルさんはテレビドラマ『glee/グリー』など、さまざまな作品で熱演や美声を披露し人気を獲得している。演技力はもちろん、歌える女優として活躍する。
インタビューでは、作品への思いや作品出演へのきっかけなどを語っている。今回の『オズ めざせ!エメラルドの国へ』の出演は、1939年公開の映画『オズの魔法使』への憧れが決め手になった。「今思えば『オズの魔法使』を観たことが、私を演技や歌の道へ導いてくれたの。ドロシーになりたいという夢がこんなふうに叶うなんてね」と胸の内を披露する。



映画については「私だからこそできるドロシーにしたいと思ったし、現代的にしたかったわ。だから、たくさん新しい面を持たせようと考えたの」と語っている。
そして「今回の作品はアニメとして制作され、お馴染みのキャラクターに新しい舞台が与えられた。一番いい方法だったと思うわ。ストーリーもキャラクターも期待を裏切らない出来だし。一緒に冒険したくなるはずよ」とファンに向けてメッセージを伝えた。

また劇中の見せ場となるミュージカルに話が及ぶと「歌詞で心に訴えるような曲もあれば、底抜けに明るくてハッピーな元気いっぱいの曲もある。ふと気づけば口ずさんでいるはずよ!」と自信のコメント。
とりわけブロードウェイ出身の仲間たちと歌った「Even Then」がお気に入りの楽曲のようだ。純粋な少女を演じていることを意識した歌唱シーンに期待し、今週末の劇場公開に備えたい。
[高橋克則]

『オズ めざせ!エメラルドの国へ』
2015年1月10日(土)新宿バルト9ほか 全国ロードショー
http://www.finefilms.co.jp/oz/
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集