実写版「パトレイバー」イングラムがエコドライブに挑戦 警察庁コラボ第6弾 | アニメ!アニメ!

実写版「パトレイバー」イングラムがエコドライブに挑戦 警察庁コラボ第6弾

ニュース

『機動警察パトレイバー』を実写化した『THE NEXT GENERATION パトレイバー』と警察庁のコラボレーションポスター第6弾が発表された。街を守るをつながりに、この春より続くロングランのキャンペーンの最新企画である。
今回のテーマは環境である。二酸化炭素の排出量を減らすため、エコドライブに取り組む98式AVイングラムの姿がポスターに描かれている。

「エコドライブ作戦推進」ポスターは、車のエコな運転方法をアピールするために制作された。CO2の排出を減らし、ガソリンの節約にも繋がるエコドライブに取り組んでもらうことで、地球の環境保全を促す。
ポスターにはエコドライブに挑むイングラムが登場。「環境を守るのは、あなたの操縦次第です」「車間距離にゆとりをもって加速・減速の少ない運転を心がけよう」とコピーも添えられ、環境負荷を最小限にする運転方法を推し進めている。

『THE NEXT GENERATION パトレイバー』は警察庁と様々なコラボを展開してきた。第1弾の「警察官募集」からはじまり、第2弾「自転車月間」、第3弾「高速道路事故防止運動 シートベルト全席着用」、第4弾「高速道路事故防止運動通行帯遵守」、そして第5弾「歩行者反射材着用警報発令」と交通ルールを中心に人々の安全を守ってきた。
シリーズ最新作・第6章は11月29日から劇場上映がスタート。そして2015年GWには長編劇場版の全国公開を迎える。いよいよ佳境に差し掛かった本編にも熱い視線が注がれている最中だ。

『機動警察パトレイバー』は1988年の誕生以降、OVA、マンガ、映画、小説など、メディアミックスの先駆けとして大きな成功を収めたヒット作だ。その実写化企画にはアニメ版も手掛けた押井守総監督が参加し、総製作費22億円を投じた一大プロジェクトとなった。
[高橋克則]

『THE NEXT GENERATION パトレイバー』
/http://patlabor-nextgeneration.com
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集