「週刊少年ジャンプ」が大相撲に懸賞幕 創刊以来初は『火ノ丸相撲』のデザイン | アニメ!アニメ!

「週刊少年ジャンプ」が大相撲に懸賞幕 創刊以来初は『火ノ丸相撲』のデザイン

ニュース

迫力のある取り組みと伝統の重みで長年人気を博す大相撲。そんな雰囲気を作りだすひとつが、試合の前に土俵を周る「懸賞幕」である。「懸賞幕」はこれから行われる試合の勝者に渡される文字どおりの懸賞金、大相撲を盛り上げる伝統である。
国内最大のマンガ誌「週刊少年ジャンプ」(集英社)が、創刊以来初めてこの大相撲の懸賞をだすことになった。11 月9日(日)から開催される大相撲十一月場所で、東の横綱・白鵬翔関の取り組みに懸賞を出す。

そこで注目されるのが、土俵を回る個性豊かな懸賞幕のデザインである。ここでは「週刊少年ジャンプ」で連載中の相撲マンガ『火ノ丸相撲』がテーマになっている。主人公・潮火ノ丸が描かれており、会場となる福岡国際センターでも目を惹きそうだ。
今回の懸賞は、『火ノ丸相撲』の単行本2巻が11月4日に発売されたのを記念したものである。相撲マンガが実際の大相撲を応援するかたちとなった。

『火ノ丸相撲』は川田さんによる人気マンガで、2014年26号(2014年 5月26日発売)から「週刊少年ジャンプ」で連載が始まった。相撲には日本古来の武道であると同時に、階級を設けない無差別級格闘技という側面がある。小さな高校生の主人公である火ノ丸が、高校相撲部の仲間たちと日本一、そして横綱を目指す。
11月7日からは、週刊少年ジャンプ公式サイト内で特集ページも開催されている。大相撲十一月場所の開催期間中、千秋楽のある 11月23日23時59分まで限定で本作の第1話から第3話までを無料で配信している。

『火ノ丸相撲』特集ページ
/http://www.shonenjump.com/j/sp_hinomaru/

『火ノ丸相撲』
(C)川田/集英社
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集