ジバニャン大好き“チョコボー”がリアルに 「妖怪ウォッチ」からあのお菓子が商品化 | アニメ!アニメ!

ジバニャン大好き“チョコボー”がリアルに 「妖怪ウォッチ」からあのお菓子が商品化

バンダイは人気のテレビアニメ『妖怪ウォッチ』に登場するお菓子を商品化、「ジバニャンのチョコボー」として発売することを発表した。

ニュース
9月15日にバンダイから発売されるチョコレート菓子が、子どもたちの大きな話題になりそうだ。バンダイは人気のテレビアニメ『妖怪ウォッチ』に登場するお菓子を商品化、「ジバニャンのチョコボー」として発売することを発表した。
「ジバニャンのチョコボー」はミルクチョコレートにパフやコーンフレークが詰まったオリジナルチョコバーで、税込108円とお手頃価格となる。全国のコンビニエンスストアや量販店、スーパーのお菓子売場で販売する。

「ジバニャンのチョコボー」の最大に特徴は、テレビアニメ本編中にジバニャンの大好物として作品中にたびたび登場するお菓子を忠実に再現したことだ。パッケージデザインやサイズも、テレビの中で見たそのままだ。
商品発売はこれからだが、すでに子どもたちにはお馴染みである。これを食べると、まるで自分たちも作品の中にいるかのように感じるのでないだろうか?
アニメと連動する楽しいアイディアの企画商品になっている。バンダイでは商品発売にあたり、オリジナルアニメを使った4パターンのテレビコマーシャルも放送する。こちらも楽しめそうだ。

アニメ『妖怪ウォッチ』は、2014年からレビ東京系列にてテレビ放送をスタートした子どもたちに人気の作品。妖怪ウォッチを手にした主人公・天野ケータがともだち妖怪である地縛霊になった猫のジバニャンと活躍する。
ゲームソフトやマンガなど様々なメディアと連動し、一大ブームを巻き起こしている。関連商品が次々に売り切れるなど、その人気ぶりがニュースになっている。「ジバニャンのチョコボー」も人気化は必至だろう。バンダイでは小学生男女を中心とした幅広い層を対象に、「ジバニャンのチョコボー」を年間1000万個販売する目標を立てている。

ジバニャンのチョコボー
メーカー希望小売価格: 108円(税込)
販売ルート: 全国のコンビニエンスストア、量販店・スーパーのお菓子売場
発売日:  2014年9月15日(月・祝)発売予定

バンダイキャンディトイ
/http://www.bandai.co.jp/candy/

アニメ『妖怪ウォッチ』
(C)L5/YWP・TX
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集