「バクマン。」実写映画、ヒロイン・亜豆役は小松菜奈 佐藤健、神木隆之介に続いて発表 | アニメ!アニメ!

「バクマン。」実写映画、ヒロイン・亜豆役は小松菜奈 佐藤健、神木隆之介に続いて発表

『バクマン。』の実写映画化で、新たにヒロイン・亜豆役が小松菜奈さんであることが明らかになった。

ニュース
2008年より集英社「週刊少年ジャンプ」に連載された『バクマン。』が、劇場実写映画になる。作者が『デスノート』の大場つぐみさんと小畑健さんのコンビということも相まって、連載開始と同時に一般読者から業界関係者にまで幅広い層から熱狂的な支持を受けた。
全20巻で累計発行部数1500万部超の大ヒットを記録している。テレビアニメも3シーズンにわたり製作され、こちらも人気を博している。

そうしたなかで決定した今回の実写映画は、すでに大きな話題を呼んでいる。今回、新たにヒロイン・亜豆あずき役が小松菜奈さんであることが明らかになった。
小松さんは中島哲也監督最新作『渇き。』や、ドコモdビデオのCMに出演し注目を集めている若手女優である。もちろん役どころは、先に発表があった佐藤健さん演じる主人公・真城最高と神木隆之介さん演じる高木秋人のクラスメイトである。佐藤さんは『るろうに剣心』や『カノジョは嘘を愛しすぎてる』など、神木さんは『桐島、部活やめるってよ』や『借りぐらしのアリエッティ』などで多忙な活躍を見せている。
小松さんは、劇中では最高との胸キュンシーンに挑戦。さらに、あずきが声優という設定からアフレコシーンにも挑戦している。 最高が恋心を抱くヒロインとして、劇中に華を添える。

今回の実写映画化に際し、『モテキ』で日本映画の新たな地平を切り開いた鬼才・大根仁監督がメガホンを執った。撮影は6月末にクランプアップし、目下編集作業中であるという。
そのほかの豪華キャストも順次発表を予定している。映画の公開まで、キャストの発表にも注目していきたい。
[真狩祐志]

『バクマン。』
/http://www. bakuman-movie.jp/
2015年全国東宝系にて公開

小松菜奈コメント(亜豆あずき美保みほ役)

「亜豆は自分の意思をしっかり持っているピュアな女の子で、男性がイメージする理想の女性の様に思います。自分で決めた一つの大きな夢に向かって頑張っている姿がとてもまっすぐで、共感しながら演じました。主人公の最高&秋人コンビも、夢に向かって頑張っている姿はすごくかっこいいし、応援したくなります。
亜豆を演じるにあたって「声優」という役柄を演じられるかとても不安で、撮影前に監督へレッスンを希望しました。実際の声優の方にレッスンを受けることが出来たので、撮影時には少しは上達したかなと思います。
また撮影現場では、最高役の佐藤さんが緊張している私に優しく話しかけてくださり、とても安心して楽しんで撮影出来ました。最高と亜豆のピュアで甘酸っぱいシーンも、楽しみにしてください。頑張って演じた作品なので、多くのみなさんに見て頂きたいです」
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集