尾田栄一郎先生が扁桃腺切除手術、「ONE PIECE」連載2号にわたり休載 | アニメ!アニメ!

尾田栄一郎先生が扁桃腺切除手術、「ONE PIECE」連載2号にわたり休載

ニュース

国民的な大ヒットマンガ『ONE PIECE』の連載が、2号に渡り休載する。5月28日に集英社が明らかにした。6月9日発売の「週刊少年ジャンプ」28号、16日発売の29号のふたつで休載となる。
発表によれば、作者の尾田栄一郎さんが扁桃腺切除の手術を受けるためだ。尾田さんは昨年に扁桃周囲膿瘍を発症、その後、体調に支障をきたさないようなう執筆体制を組み連載を続けてきた。しかし、今回、完治を目指し手術をうけることにした。

『ONE PIECE』は、子どもから大人まで、男女問わず圧倒的な人気を誇る作品だ。単行本の累計発行部数は3億1000万部を超える。それだけに休載を残念に思うファンは多いかもしれない。
そんなファンを思う尾田栄一郎さんは、今回の休載にあたりファンへのメッセージも明らかにしている。また、元気なルフィの姿と共にメッセージイラストも公開した。イラストには“メンテナンス中”とあり、ルフィからは「わりいな ちょっと待っててくれ!!」のセリフが。

■ 読者の皆様へ、作者・尾田栄一郎氏からのメッセージ
「去年から、疲れるとノドの扁桃腺という部分がはれる体質になってしまいました。
大変仕事の邪魔なので、その扁桃腺を取ってしまおうというのが今回の手術です。せっかくの手術ですので肩にはバズーカもつけて貰う予定です。
今年後半の色々な仕事をクリアできる様により強靭な体になって帰ってきます。
すぐ戻りますのでまた遊んでやってください。
尾田栄一郎」

一方で、6月4日には、『ONE PIECE』の最新刊第74巻も発売される。こちらを読みながら、元気になった尾田栄一郎さんを待ちたい。



『ONE PIECE』
(C)尾田栄一郎/集英社
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集