出演声優40名以上、ゲームソフト「CV~キャスティングボイス~」で理想のキャスティングを実現 | アニメ!アニメ!

出演声優40名以上、ゲームソフト「CV~キャスティングボイス~」で理想のキャスティングを実現

ニュース

バンダイナムコゲームスは、PS3ソフト『CV ~キャスティングボイス~』の最新PVを公開しました。

今や絶大な人気を誇り、憧れの職業と考える人も多い「声優」。その仕事は皆さんもご存じの通り、洋画の吹き替えやナレーション、アニメにCM、そしてここ20年ほどで急速に需要を伸ばしたゲームなどで活躍し、今や日本の娯楽を語る上で外すことのできない存在感を持つ職業と言えるでしょう。

その「声優」へと焦点を当て、特徴的なその仕事や技術をゲーム性の柱とした個性的なゲームが『CV ~キャスティングボイス~』です。本作には、「声優」にまつわる要素がぎゅっと詰め込まれており、様々な切り口からその魅力を描いています。

ですが、例えばRPGやSLGのように、目的やそれを叶えるための手段がはっきりしたゲームとは異なるため、本作の特徴や楽しみ方などに関して、ピンと来ていない方も少なからずいることでしょう。そんな方々が理解しやすいよう、それぞれ異なる視線から、本作の魅力に関して迫ってみたいと思います。

◆声優ファンの方へ送る魅力
40名以上の声優キャラクターが登場する本作ですが、各キャラクターは当然、実際の声優陣が声を当てています。これまで明らかになった声優の方々は、ベテランから期待の若手まで様々ですが、実力派揃いの面子となっており、演技へのクオリティに関しては一分の隙もありません。

著名な声優陣がこれだけ数多く登場するゲームは、かなり珍しい部類に入ります。あなたが気に入っている声優さんが参加している可能性も充分にあります。また本作の特徴のひとつとして、いくつかの制限はありますが、「一つの作品に、同じ声優が複数の役を兼任できる」という遊び方が用意されています。ご贔屓の声優ばかりが出てくる作品を作るといった、現実ではなかなか味わえない一作を作る醍醐味も味わえます。

また、そこまで集中したキャスティングとはいかなくても、「可能な限りあの人を作品に参加させ続ける!」といった愛ゆえの行動を楽しむこともできます。こういう遊び方も、本作ならではと言えますね。

◆理想の配役を組みたい方へ送る魅力
例えば、漫画や小説といった原作作品が、アニメやゲームになった時に、「この役はイメージと違うなぁ」と感じたことは多々あるでしょう。演技力の問題ではなく、「上手だけどもなんか違う」といった自身のセンスに根付く違和感は、理屈で拭えるものではありません。

しかし本作では、相当数の声優キャラクターが用意されているため、ユーザー自身が自分のイメージを活かす配役を組み上げることが可能となっています。「誰が悪いというわけではないけども、残念な気持ちになってしまう」という落胆とは大きく道を開け、むしろ自身のプロデュースによる「マイベスト配役」をチョイスできるのです。

◆声優を目指す人へ送る魅力
本作は、音響監督的な立場と言える「声優プロデューサー」となり、多彩な作品のキャスティングをこなすというゲーム性が柱となっていますが、声優という仕事に対するアプローチはそれだけではありません。別売りのUSBマイクが必須となりますが、ユーザーもキャストの一人としてアフレコに参加するこができるのです。

実績確かな声優陣が揃うアフレコに混じることができるのも、本作独自の魅力。ゲームだからこそ味わえる夢の環境で、実際にアフレコに参加してみる遊び方も提案してくれるのです。しかもただ演じるだけでなく、簡単な録音と編集もできるので、自分の声を後から聞いたり、加工して誰かに聞いてもらうことも可能となります。憧れとして体験してみるもよし、声優業を目指して練習の一環にするもよし。それぞれのスタイルに合わせて、本作を満喫してください。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

多彩な魅力で構成された『CV ~キャスティングボイス~』ですが、その魅力を更に深く知りたい方は、このたび公開された最新PV映像を視聴してみてはいかがでしょうか。ゲームの流れや特徴だけでなく、出演声優陣の声と演技を直接その耳で確認することができます。興味がある方は、ぜひチェックを。


YouTube 動画URL:https://www.youtube.com/watch?v=I6gS7D4bFNA

『CV ~キャスティングボイス~』は、2014年6月19日発売予定。価格は6,640円(税抜)です。

(C)BANDAI NAMCO Games Inc.

声優を目指す人・声優ファン・理想の配役を組みたい方へ ─ 『CV ~キャスティングボイス~』PVでゲームの雰囲気を確認

《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集