GA文庫 有力ウェブコミックサイト「ガンガンONLINE」と連動サービス開始 | アニメ!アニメ!

GA文庫 有力ウェブコミックサイト「ガンガンONLINE」と連動サービス開始

ニュース

ライトノベルの人気レーベルGA文庫と、ウェブで展開するマンガ配信の有力サイトのガンガンONLINEが、協業をすることになった。SBクリエイティブ(旧:ソフトバンク クリエイティブ)は、新しいサービス Webコラボレーションスペース「ガンガンGA」を4月3日からスタートすることを発表した。
ガンガンGAは、スクウェア・エニックスが運営するガンガンONLINEの内に設けられる。GA文庫の小説やコミカライズ小説が、無料で楽しめる。ウェブサイトでの閲覧に加えて、すでに多くのユーザーを持つガンガンONLINEのスマートフォンアプリで楽しめるのも特徴となる。

サービス開始第1弾として、GA文庫の人気作『落第騎士の英雄譚《キャバルリィ》』、『最弱無敗の神装機竜《バハムート》』を新たにコミカライズ化、これを配信する。また、スクウェア・エニックスのマンガ誌「ヤングガンガン」や「ガンガンJOKER」、「ビッグガンガン」などで連載中の『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』、『のうりん』、『のうりんプチ』、『俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる』を第1話から掲載する。いずれもGA文庫からのコミカライズ作品である。
さらにその後は、『這いよれ!ニャル子さん』の著者である逢空万太さん書き下ろしのライトノベル『勇者(かのじょ)が魔王(ぼく)を倒してくれない』の連載も決定している。これらがいずれも無料配信という、思い切ったものである。

SBクリエイティブはソフトバンクの系の出版社で、GA文庫は2006年にスタートした。『神曲奏界ポリフォニカ』や『這いよれ! ニャル子さん』、『俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる』、『のうりん』などヒット作がある。
しかし、グループ会社フレックスコミックスが、2011年にアプリックスIPホールディングスに売却されてからは、マンガ、コミカライズの連動が弱くなっていた。今回は、ウェブサイトを通じてマンガ出版で独自の強みを見せるスクウェア・エニックスに接近することになる。
一方、スクウェア・エニックスは、マンガに比べて小説、ライトノベルは必ずしも強くない。両社は相互補完関係にあるといえるだろう。「ガンガンGA」の取り組みが、今後どの様に広がるのかも気になるところだ。

ガンガンGA
2014年4月3日開始
/http://www.ganganonline.com/special/gangan
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集