「風立ちぬ」アンコール上映2週間限定、5都市で 宮崎駿監督の引退作品が再び | アニメ!アニメ!

「風立ちぬ」アンコール上映2週間限定、5都市で 宮崎駿監督の引退作品が再び

2013年7月20日に公開し、ロングランヒットになった宮崎駿監督作の『風立ちぬ』がアンコール上映されることになった。2014年2月22日から3月7日までの2週間、5都市6劇場にて行われる。

ニュース
(c)2013 二馬力・GNDHDDTK
  • (c)2013 二馬力・GNDHDDTK
2013年7月20日に公開し、ロングランヒットになった宮崎駿監督作の『風立ちぬ』がアンコール上映されることになった。『風立ちぬ』は、2013年9月に長編映画からの引退を発表した宮崎駿監督の最後の長編作品となった。それをもう一度スクリーンで鑑賞できる機会である。
上映期間は2014年2月22日から3月7日までの2週間。新宿ピカデリー、TOHOシネマズ錦糸町、TOHOシネマズ梅田、TOHOシネマズ名古屋ベイシティ、TOHOシネマズ天神、札幌シネマフロンティアの5都市の6劇場となる。

『風立ちぬ』は、2013年度の興行成績で第1位、興行収入は現在までで120.2億円に徹している。これは日本映画として5年ぶりに100億円の大台を突破で、日本映画歴代でも第6位にランクインする。その人気ぶりを改めて証明するかたちとなった。
興行収入100億円を越えた日本映画はこれまで8本しか存在しない。その中の実に5本を宮崎駿監督作品が占めている。1997年公開の『もののけ姫』、2001年の『千と千尋の神隠し』、2004年の『ハウルの動く城』、2008年の『崖の上のポニョ』に続き、5作品連続で達成した快挙である。

すでに様々な賞にも絡み、高い作品評価も受けている最中だ。日本時間で3月3日に発表されるアカデミー賞の長編アニメーション作品賞にノミネートされた。そして3月7日に最優秀賞が決まる日本アカデミー賞の優秀アニメーション作品賞を受賞した。
そのほか、アニー賞長編アニメーション映画脚本賞、ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞(米国映画批評会議賞)アニメーション映画賞、ニューヨーク映画批評家協会賞アニメーション映画賞を獲得している。
日米アカデミー賞の発表にあわせて行われるアンコール上映は大きな話題を集めそうだ。その受賞を期待しながら、アンコール上映を満喫したい。
[高橋克則]

『風立ちぬ』
/http://kazetachinu.jp/

「風立ちぬ」アカデミー賞直前・アンコール上映
期間: 2014年2月22日(土)から3月7日(金) 2週間
[劇場]
東京: 新宿ピカデリー、TOHOシネマズ錦糸町
大阪: TOHOシネマズ梅田
名古屋: TOHOシネマズ名古屋ベイシティ
福岡地 TOHOシネマズ天神
札幌: 札幌シネマフロンティア
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集