乙女ゲーム「AMNESIA」がミュージカル化決定 5パターンのエンディングで異なる演出 | アニメ!アニメ!

乙女ゲーム「AMNESIA」がミュージカル化決定 5パターンのエンディングで異なる演出

ニュース

(c)ミュージカル「AMNESIA」製作委員会
  • (c)ミュージカル「AMNESIA」製作委員会
2011年にアイディアファクトリー(オトメイト)より発売された乙女ゲーム『AMNESIA』のミュージカル化が決定した。2014年1月9日から19日までの10日間全15公演で、銀座・博品館劇場にて上演される。
『AMNESIA』は、女性向けの恋愛シュミレーションゲームとして絶大な人気を誇る。2013年にはテレビアニメ化され、この放送も好評を博した。今回の舞台化も話題を呼びそうだ。  

ミュージカル化にあたっては、『AMNESIA』の原作の特性を活かした舞台ならではの面白い試みもする。なんと本編のエンディングが5パターン用意されている。
これはキャラクターのルートを舞台上で表現する。公演ごとに異なる演出を楽しむことができる。複数回観劇しても、新鮮な気持ちになれる。

キャラクターを演じるキャスト陣は、原作イメージに沿って選ばれている。無愛想で一途なシン役には、バンド・カスタマイズのボーカルとギターの栗原吾郎さんを抜擢した。本作が初舞台、初主演となる。その活躍が期待される。
このほか魅惑で女性を虜にするイッキ役に畠山遼さん、クールで合理的なケント役に、小林涼さん、慈愛と狂気のトーマ役に井澤勇貴さん、物語の鍵を握る謎の青年ウキョウ役は磯貝龍虎さんが演じる。若手俳優が登用されているのが特徴だ。
キャストの選考にあたっては、キャラクターの等身や身長差までこだわったとのことだ。原作のイメージを忠実に再現したミュージカルを目指す。

チケットは10月24日10時よりオトメイトモバイル先行抽選申込がスタートする。一般プレオーダーは11月9日、一般販売は11月下旬を予定している。価格は一般席が6500円、良席で非売品グッズ付のクイーンシートが8500円(全て税込)となる。
[高橋克則]

ミュージカル「AMNESIA」
/http://musical-amnesia.com

公演期間: 2014年1月9日(木)~19日(日) 全15公演 ※1/14(火)休演日
劇場: 博品館劇場
価格: 一般席6500円(税込) クイーンシート8500円(税込)
主催: ミュージカル「AMNESIA」製作委員会
演出: 吉谷光太郎
脚本: 太田ぐいや
出演者: 栗原吾郎、畠山遼、小林涼、井澤勇貴、磯貝龍虎 ほか
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集