「ゼロ・グラビティ」予告編公開 全米大ヒット、緊迫する宇宙空間で繰り広げるドラマ | アニメ!アニメ!

「ゼロ・グラビティ」予告編公開 全米大ヒット、緊迫する宇宙空間で繰り広げるドラマ

映画『ゼロ・グラビティ』の本予告編がこのほど公開された。予告編からは、絶賛を浴びた宇宙空間のリアリティ溢れる描写がたっぷり味わえる。

ニュース
(c) 2013 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC.
  • (c) 2013 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC.
  • (c) 2013 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC.
  • (c) 2013 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC.
映画『ゼロ・グラビティ』が、12月13日に全国公開される。ハリウッドを代表するスターであるサンドラ・ブロックとジョージ・クルーニーの共演する超大作は、宇宙空間を舞台に緊迫した物語だ。
今年のベネチア国際映画祭オープニング上映、トロント国際映画祭特別上映で絶賛後、10月に全米公開がスタートした。これが公開3日間(10月4日~10月6日)、全米週末興行収入が約5600万ドルと10月全米公開作品としては歴代オープニング新記録となる大ヒットになっている。世界興行収入も2億ドルに迫り、ワールドワイドにそのムーブメントを拡大している。

本編で描かれるのは、船外ミッション中のスペースシャトルの事故で、地球から60万メートルの上空に取り残されたメディカル・エンジニアのライアン・ストーン博士(サンドラ・ブロック)と、ベテラン宇宙飛行士マット・コワルスキー(ジョージ・クルーニー)の二人の物語だ。絶体絶命としか思えない状況を、彼らはどうやって乗り越えるのか?
次から次へと襲う危機、手に汗握るサスペンスと人間ドラマである。ヒットの大きさは、映画の評価の高さの表れでもある。2013年末の注目の映画となっている。

その本予告編がこのほど公開された。予告編からは、絶賛を浴びた宇宙空間のリアリティ溢れる描写がたっぷり味わえる。そして、シャトルの事故で宇宙に取り残された二人の緊迫感も漂う。

今回はウェブでの予告編紹介となったが、すでに映画を観た人たちの間では、劇場で体験する作品、あるいは3Dで鑑賞する価値のある作品との声が多い。12月13日の公開後は、是非、劇場に足を向けたい。



『ゼロ・グラビティ』
12月13日(金)全国ロードショー<3D/2D同時公開>
オフィシャルサイト /http://zerogravitymovie.jp/
Facebook /https://www.facebook.com/zerogravitymovie
《animeanime》
【注目の記事】[PR]
【注目の記事】[PR]