「劇場版 中二病でも恋がしたい」 新たな入場者プレゼントは生フィルム | アニメ!アニメ!

「劇場版 中二病でも恋がしたい」 新たな入場者プレゼントは生フィルム

9月14日より全国27館で公開された『小鳥遊六花・改 ~劇場版 中二病でも恋がしたい!~』の新たな入場者プレゼントが発表となった。第4週目となる10月5日からは生カットフィルムが配布される。

ニュース
(C)虎虎/京都アニメーション/中二病でも製作委員会
  • (C)虎虎/京都アニメーション/中二病でも製作委員会
  • (C)虎虎/京都アニメーション/中二病でも製作委員会
9月14日より全国27館で公開された『小鳥遊六花・改 ~劇場版 中二病でも恋がしたい!~』が好調を続けている。熱心なファンが多いだけに、リピート来場者も数多いだろう。
そうしたなかで、劇場来場者への新たなプレゼントが発表された。第4週目となる10月5日から、本作の生カットフィルムが配布される。
映画フィルムは数ある特典の中でも、とりわけ人気の高いアイテムである。多くのファンが劇場に詰めかけること必至のキャンペーンになるだろう。

フィルムは本編からカットされているため、1枚1枚全てが違う貴重なものだ。グッズとしてだけでなく、作品を鑑賞した思い出の品としても嬉しい特典となっている。
どのシーンのフィルムが当たるのか、ドキドキ感を楽しみながらキャンペーンのスタートを待ちたい。
フィルムはランダム配布で交換などはできない。特典が無くなり次第キャンペーンは終了となる。

『小鳥遊六花・改 ~劇場版 中二病でも恋がしたい!~』はこれまで、毎週違うイラストを使用したポストカードのプレゼントや舞台挨拶を21回も開催するなど、数多くの企画で作品をPRしてきた。
2014年新春にはテレビアニメ第2期シリーズの放送も決定し、新キャラクターの七宮智音も発表された。今後も様々なかたちで話題を振りまいてくれそうだ。

『中二病でも恋がしたい!』は京都アニメーション大賞奨励賞を受賞した虎虎さんのライトノベルが原作である。2012年にテレビアニメ化が行われ、人気はさらに拡大した。
監督は『涼宮ハルヒの憂鬱』の石原立也さん、シリーズ構成は『日常』の花田十輝さん、キャラクターデザイン・総作画監督は『CLANNAD』の池田和美さんなど、京都アニメーションの作品を支えてきたメンバーが起用された。制作陣は『小鳥遊六花・改 ~劇場版 中二病でも恋がしたい!~』にも引き続き参加している。
[高橋克則]

『小鳥遊六花・改 ~劇場版 中二病でも恋がしたい!~』
/http://www.anime-chu-2.com/
テレビアニメ『中二病でも恋がしたい!』
/http://www.anime-chu-2.com/tv/
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集