グリフィスやガッツから誉められるとうれしい。「ベルセルク~快進撃!怒濤の傭兵団~」プレイインプレッション | アニメ!アニメ!

グリフィスやガッツから誉められるとうれしい。「ベルセルク~快進撃!怒濤の傭兵団~」プレイインプレッション

ニュース

[取材・構成:細川洋平]

■プレイの舞台は人気の“黄金時代編”

三浦建太郎の「ベルセルク」が、2012~13年の映画「ベルセルク 黄金時代篇」公開に続き、スマートフォン向けソーシャルゲーム「ベルセルク~快進撃!怒濤の傭兵団~」をGREEからリリース。(http://gree.jp/r/61338/1) “黄金時代編”の世界の中でプレイヤーが傭兵団を結成し、鷹の団と共闘し最強の傭兵団を目指すロールプレイングゲームだ。今回はそのプレイインプレッションをお届けする。

“黄金時代”編とくれば大クライマックスを思い浮かべる原作・アニメファンも多いかもしれない。だがゲームの舞台はそれより前の百年戦争中、ミッドランド軍にグリフィス率いる鷹の団が属していた頃のものとなる。
ゲームの大きな流れとしては、プレイヤーが結成した自身の傭兵団を率いて各地の戦場を回り、敵であるチューダー軍を駆逐していくというものだ。その中で傭兵を雇い、強化させ、傭兵団のランクを上げていく。

作品中でも非常に人気の高い“黄金時代”編がゲームの舞台ということもあり、ファンは原作キャラクターや世界とどう絡んでいくのか気になるところだろう。
ゲーム中には鷹の団のメンバー、グリフィス、ガッツ、キャスカ、ジュドー、ピピン、コルカス、リッケルトの7人が登場する。彼らとプレイヤーとの間には信頼度を示すパラメーターが設けられ、共闘することで上がっていく。信頼度が上がると戦場のさまざまな局面で援護をしてくれる頻度も増えていく。戦闘中、カットインで切込隊長・ガッツや白い鷹・グリフィスが戦場を駆り、多くの敵をなぎ倒す姿が展開されるのはファンにはたまらない。プレイヤーの傭兵団を助太刀してくれるという設定もくすぐられるし戦闘終了後の各キャラクターのセリフにもグッと来る。

グリフィスが援護に現れた時はやはり高揚するし、コルカスが初めて援護に来てくれた時は「あのコルカスが?!」と驚いた。ifというよりは原作に描かれていないものの、こういう場面はあったのだと思える設定は、ファンにはうれしいものだ。
キャラクターボイスもフルボイスではないが要所要所で聞くことができるのでイヤホンなどを用意しておくとより世界に入り込めるのでオススメだ。

■ ベルセルク~快進撃!怒涛の傭兵団~
対応機種: スマートフォン(iPhone4S以降/iPad第3世代以降)
URL: / http://gree.jp/r/61338/1 
カテゴリー: RPG
プレイ料金: 基本プレイ無料(アイテム課金型) 

(C)三浦建太郎(スタジオ我画)・白泉社 / BERSERK FILM PARTNERS

《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集