「ポケモントレッタ」シリーズ1周年 「ポケモントレッタフェス」で累計出荷枚数8700万枚突破 | アニメ!アニメ!

「ポケモントレッタ」シリーズ1周年 「ポケモントレッタフェス」で累計出荷枚数8700万枚突破

ニュース

「ポケットモンスター」をテーマにした業務用キッズアミューズメントマシン「ポケモントレッタ」のカード販売が8700万枚を突破した。「ポケモントレッタ」は、マーベラスAQLとタカラトミーアーツが展開している。
シリーズは2012年7月よりマーベラスAQLとタカラトミーアーツの共同事業でスタートし、サービススタートより丸1年を超えた。1周年を機に、新シリーズ「ポケモントレッタフェス」を発売、これと合わせて累計出荷枚数の発表となった。

「ポケモントレッタ」のアミューズメントマシンは、ゲームをプレイし、そのゲーム画面上でつかまえたポケモンが小型プレート状の「トレッタ」として配出されるのが特徴だ。新しいかたちでプレイとカードが連動した、ゲームとして注目されている。
2012年7月以降全国のショッピングセンターやゲーム施設等全国2000店舗以上に設置され、人気を集めている。キッズアミューズメントマシンとして、特にポケモンが好きの子供達を中心に支持を受けている。
“ポケモンを探す、ポケモンをつかってバトルする、ボールを投げてつかまえる”といった『ポケットモンスター』の本来のおもしろさを、アミューズメントマシンでそのまま再現した点で評価が高い。カードはコレクション・アイテムとなっている。

今回リリースした「ポケモントレッタフェス」では、トレッタのデザインが一新されている。新モード「ふたりでゲット」や新要素「ウィークリーボーナス」などを加え、新たな楽しさが盛り込まれている。
また8月10日には『ポケモントレッタラボ for ニンテンドー3DS』(税込3800円)も、発売される。さらに7月には劇場アニメの新作も全国公開となった。夏のポケモンムーブメントが盛り上がる中で、流通各社より大きな期待が寄せられているという。
今後は、夏休みに開催されるポケモン関連イベント出展や、テレビCMやテレビ番組内での露出など重層的なプロモーション展開も予定する。マーベラスAQLとタカラトミーアーツは、ライセンス元である株式会社ポケモンと協力し、今後も最大商戦である年末に向かって「ポケモントレッタ」の盛り上げを目指す。
[真狩祐志]

『ポケモントレッタ』
/http://www.pokemontretta.com/
《真狩祐志》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集