「L・DK」久我山柊聖役は山崎賢人 剛力彩芽の相手役を熱演 | アニメ!アニメ!

「L・DK」久我山柊聖役は山崎賢人 剛力彩芽の相手役を熱演

大人気少女マンガ『L・DK』が、2014年春に実写映画として全国公開される今回、新たに相手役となるキャストが決定した。久我山柊聖役には実力派若手俳優の山崎賢人さんが起用された。

ニュース
(C)渡辺あゆ/講談社 別冊フレンド
  • (C)渡辺あゆ/講談社 別冊フレンド
  • 『L・DK』
  • 山崎賢人さん
  • 『L・DK』久我山柊聖
累計発行部数270万部突破の大人気少女マンガ『L・DK』が2014年春に実写映画として全国公開される。主演の西森葵役を女優の剛力彩芽さんが演じることで話題になっている。
今回、新たに相手役のキャストが決定した。気になる恋の行方の相手、久我山柊聖役には実力派若手俳優の山崎賢人さんが起用された。

山崎さんはミステリーホラー映画『アナザー Another』の主演に抜擢され、ドラマ『黒の女教師』や映画『今日、恋をはじめます』など話題作に出演した経験がある。現在はドラマ『35歳の高校生』に出演中だ。
本作では学校一のイケメン・ツンデレ王子柊聖役を演じる。初共演となる剛力さんとどのような掛け合いを見せてくれるのだろうか。山崎さんはコメントも発表しており、7月からスタートする撮影に向け意気込みを語っている。

『L・DK』は「別冊フレンド」(講談社)にて渡辺あゆさんが連載中の少女マンガ作品。電子書籍でも圧倒的な売上を記録しており、「電子書籍アワード2013」では少女マンガの中で第1位を獲得している。
何ごとにも直球勝負だけど恋には奥手な女子高生と、学校一のモテ男の秘密の同居生活を描いた青春ラブコメディーである。

直情型で暴走しがちな女子高生・西森葵はボヤ騒ぎがきっかけで、学校一のツンデレモテ男・久我山柊聖と同居することになってしまう。この事実がバレれば学校中の女子を敵にまわし、退学にもなりかねない。
秘密を守ろうと必死な葵とは反対に柊聖はあくまでマイペース。葵はドタバタの日々の中で柊聖にどんどん惹かれてしまう。だが、柊聖の元カノや、葵に想いを寄せる先輩が現れて、恋心は複雑に絡み合っていく。
[高橋克則]

映画『L・DK』
2014年春公開
/http://love-ldk.jp

山崎賢人さんコメント
「柊聖という人気キャラクターの役に選んでいただいて、すごくプレッシャーもありますが、演じることを楽しみにしています。
久我山柊聖として、内面も外面も自然に居られるように原作を読み込んで、臨みたいと思います。
剛力さんとは初共演なので、葵と柊聖の雰囲気を一緒に作っていけたらなと思います。
いきなり同居生活になってしまった二人の距離感や原作の世界観を大事にして、皆さんの期待を裏切らない柊聖になりたいと思います。
川村監督はお会いした時に、すごくユーモアのある方で、一緒に映画作りするのが楽しみです」

[スタッフ]
監督: 川村泰祐
脚本: 松田裕子
キャスト: 剛力彩芽、山崎賢人
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集