ドラマ「イタズラなKiss」に佐藤藍子が特別出演 17年ぶりに演じるのは看護師役 | アニメ!アニメ!

ドラマ「イタズラなKiss」に佐藤藍子が特別出演 17年ぶりに演じるのは看護師役

『イタズラなKiss』が17年ぶりに日本でドラマ化された。フジテレビTWOにて放映中の「イタズラなKiss~Love in TOKYO」だ。その6月7日放映エピソードに佐藤藍子さんが特別出演する。

ニュース
左)未来穂香さん、中央)佐藤藍子さん、右)古川雄輝さ
  • 左)未来穂香さん、中央)佐藤藍子さん、右)古川雄輝さ
  • 第10話から
  • 佐藤藍子さん
  • 「イタズラなKiss~Love in TOKYO」
累計発行部数約3000万部という多田かおる さんの大ヒット少女マンガ『イタズラなKiss』が、17年ぶりに日本でドラマ化された。フジテレビTWOにて毎週金曜24時から25時に放映中の「イタズラなKiss~Love in TOKYO」は、放映開始当初から大きな話題を呼んでいる。
その6月7日放映エピソードに、ビッグなゲストが出演することが明らかになった。女優の佐藤藍子が特別出演し、未来穂香さん、古川雄輝さんらと共演する。

1996年のテレビドラマ『イタズラなKiss』に夢中になったファンであれば、佐藤藍子さんの名前に特別な想いがあるだろう。17年前の本作で、ヒロイン・相原琴子を演じたのが佐藤藍子さんだからだ。歴代のヒロインの共演の実現となる。
佐藤さんの演じるは、今回は看護師役として出演し、琴子や直樹たちと関わる。原作では琴子の将来の職業は看護師として描かれている。96年の琴子がそのまま看護師になったかのような姿は必見だ。
今回の出演にあたって佐藤さんは、“不思議な感覚と嬉しさ”を感じるという。また、新しい琴子役の未来穂香さんと直樹役の古川雄輝さんが原作から出てきたようと驚く。

「イタズラなKiss」は、琴子や直樹らの青春を描く、1990年代に「別冊マーガレット」に連載された。その人気は高く、日本でのドラマ化に続き、台湾、韓国でもそれぞれドラマ化、さらにテレビアニメ化もされている。その人気は国境を越えてワールドワイドだ。
2013年にあたらしいかたちで描かれた「イタズラなKiss~Love in TOKYO」も大きな注目を浴びている。今後もまだまだ人気を呼びそうだ。

[佐藤藍子さん コメント]

――出演の感想
「今も長く愛される「イタズラなKiss」に 17 年ぶりに呼んでいただき、不思議な感覚と嬉しさで撮影中もずっとふわふわしていました」

――2013年の相原琴子と入江直樹について
「琴子役の未来穂香さんと直樹役の古川雄輝さんは漫画から出てきたようなルックスでまさにキャラクターそのものでびっくりしました。私が琴子を演じていた時、まだ未来さんは生まれていないことにもびっくりしましたね、気分はお母さんです。
また将来ドラマ化するようなことがあれば、今度は直樹のお母さん役も演じてみたいですね。」

「イタズラなKiss~Love in TOKYO」
CS放送フジテレビTWOにて毎週金曜24時~25時放送中
/http://www.cinemart.co.jp/itakiss-tokyo/

ドラマ公式サイト /http://www.cinemart.co.jp/itakiss-tokyo/
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集