有害図書指定マンガの衝撃作 映画「アシュラ」2013年3月22日にBD・DVDリリース決定 | アニメ!アニメ!

有害図書指定マンガの衝撃作 映画「アシュラ」2013年3月22日にBD・DVDリリース決定

ニュース

2012年9月に劇場公開されたアニメ映画『アシュラ』のBlu-ray・DVDリリースが決定した。2013年3月22日(金)に発売される。
本作は1970年「週刊少年マガジン」(講談社)にて連載されたジョージ秋山さんのマンガが原作だ。極限状態におかれた人間の生き様を描き、有害図書に指定された問題作として知られている。そのテーマ性の重さからアニメ化は不可能と言われていたが、東映アニメーションと『TIGER & BUNNY』のさとうけいいち監督によってCG作品として現代に甦った。

『アシュラ』はストーリーだけでなく映像面においても高い評価を獲得している。CGアニメーションでありながら手描きの質感を再現しており、縦横無尽に繰り広げられるアクションを堪能することができる。
また水彩画をCGによって動かす技術はハイブリッド・アニメーションと名付けられ、その映像美も魅力の一つとなっている。フランスのアヌシー国際アニメーション映画祭をはじめ世界各国で上映が行われ、大きな衝撃と熱狂を持って迎えられた。

キャストも豪華な面々が集結している。主人公・アシュラに『ドラゴンボールZ』孫悟空の野沢雅子さん、ヒロイン・若狭に『新世紀エヴァンゲリオン』綾波レイの林原めぐみさん、敵役・地頭にはアニメはもちろんアーノルド・シュワルツェネッガーの吹替でもお馴染みの玄田哲章さんが担当した。
さらに大御所俳優の北大路欣也さんが法師役で起用され、オールスター級のメンバーが作品を彩っている。

15世紀中期、応仁の乱で荒野と化した京都に産み落とされたアシュラはサバイバルを続けながら生き抜いていく。そんな時、一人の少女・若狭の優しさ、法師の教えに触れ、アシュラは次第に人間性を備えていく。言葉を覚え、笑い、喜ぶ日々。しかしそれは苦しみと悲しみの始まりでもあった。やがて天災と貧困が起こり、人間性を失っていく人々。ついには若狭さえも…。
2013年3月22日(金)発売のBDには映像特典として映画公開前の特別番組を収録した。さとう監督と池澤良幸プロデューサーをゲストに迎え、作品に込められた思いなどが語られている。封入特典にはBD16ページ・DVD8ページのブックレットが付属する。価格はBDが8190円、DVDが6,090円(全て税込)となっている。
[高橋克則]

『アシュラ』
2013年3月22日 Blu-ray・DVDリリース
/http://www.toei-anim.co.jp/movie/2012_asura_movie/

[さとうけいいち監督コメント]
「2011年はテレビで『TIGER & BUNNY』というヒーローアニメを手掛ける裏側で『アシュラ』を進めていたわけですが、ヒーロー物はサラリーマンに対する応援歌的なイメージがあったんです。
でも『アシュラ』にも似ている部分があると思っています。人は誰しも辛いことを抱えているけど、あきらめず、上を向いていかないといけない。「生きる!」命あってなんぼ! 倒れても立ちあがるんだ。って。
海外でもストレートに感動を表現してくださっていて、フランスのアヌシー国際アニメーション映画祭で舞台挨拶をしてきました時は、上映後に観客より「この作品自体がヒーローだ!」って言ってくれた方もいました。
一歩でも半歩でも前進するというのが、自分のモノ作りのテーマです。そういう部分を『アシュラ』も持っていると感じています」

《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集