仙台・ジョジョ展の感動が手元に 荒木飛呂彦先生監修の東方仗助、展開決定 | アニメ!アニメ!

仙台・ジョジョ展の感動が手元に 荒木飛呂彦先生監修の東方仗助、展開決定

ニュース

東方仗助
  • 東方仗助
2012年は、『ジョジョの奇妙な冒険』の連載がスタートして25周年となる。記念の年ということもあり、数多くのイベントが企画されている。
7月から8月にかけて注目を浴びたのは、原作者・荒木飛呂彦さんゆかりの仙台で開催された「荒木飛呂彦原画展 ジョジョ展 in S市杜王町」だろう。展覧会は様々な話題を呼びつつ8月14日に終了した。

展覧会は終了したが展覧会の感動は、引き続きファンの胸にとどまりそうだ。キャラクター玩具の大手パンプレストは、仙台の「ジョジョ展」で展示され大きな話題を呼んだ等身大 東方仗助のフィギュアを商品化することを決定した。
9月中旬より、全国のアミューズメント施設へ向け投入する。全国のジョジョ ファン注目の逸品となるに違いない。

東方仗助は、『ジョジョの奇妙な冒険』第4部の主人公だ。仙台市がモデルとなったS市杜王町に暮らしている。そんなこともあり、仙台「ジョジョ展」のキービジュアルにも描かれ、仙台展を象徴する存在となっている。会場に等身大フィギュアも設置された。
バンプレストは、このフィギュアのポーズ・デザインをそのまま、全高約25cmで商品化する。荒木飛呂彦さんが自ら監修し、骨格から、肉付け、衣装の細部までの造形・彩色を再現した「ジョジョの奇妙な冒険 MASTER STARS PIECE 東方仗助」とする。

「MASTER STARS PIECE」(通称:MSP)は、バンプレストの展開するトップブランドだ。最高のクオリティ・と存在感を放つキャラクター“スター”として、マスターの称号を持つ作り手が生み出す。MSPシリーズとしては第3弾となる。
バンプレストは、20代から30代の男性をメインターゲットに、『ジョジョの奇妙な冒険』ファンだけでなく、幅広いお客様に届けたいとしている。

バンプレスト・ブライズ情報
/http://www.prizebp.jp/

「荒木飛呂彦原画展 ジョジョ展 in S市杜王町」
公式サイト /http://www.jojo-morioh.com/
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集