愛菜ちゃんが初日舞台挨拶 「ジュエルペット」「マイメロ」が全国100館以上で公開 | アニメ!アニメ!

愛菜ちゃんが初日舞台挨拶 「ジュエルペット」「マイメロ」が全国100館以上で公開

イベント・レポート

サンリオの人気キャラクターが、いよいよ劇場の大型スクリーンで活躍する。8月11日(土)よりTOHOシネマズ 渋谷ほか全国100館以上の劇場で、『映画ジュエルペット スウィーツダンスプリンセス』と『おねがいマイメロディ 友&愛』が公開した。
ジュエルペットとは、2008年にサンリオとセガトイズが共同で開発したキャラクター。宝石の瞳を持つかわいい魔法使いのペットたちである。2009年4月からテレビアニメ化され、今回は初の劇場作品となる。映画化にあたっては、子どもたちがジュエルペットたちと一緒にダンスシーンに出来るラストなどイベント性もたっぷりの作品とした。
『おねがいマイメロディ 友&愛』は、主人公のメロディとライバルのクロミが活躍する短編作品だ。お馴染みの人気キャラクターの登場にファンも喜びそうだ。

公開初日となった8月11日には、東京・TOHOシネマズ渋谷にて、人気子役の芦田愛菜ちゃん、ルビー役の齋藤彩夏さん、サフィー役のささきのぞみさん、それに『映画ジュエルペット』の桜井弘明監督が登壇する舞台挨拶が行われた。
『ジュエルペット』からはルビー、サフィーの着ぐるみも、ゲストと一緒に初日記念テープカット、そしてくす玉割りに参加した。本作らしい華やかさを盛り上げた。

芦田愛菜ちゃんは、今回、映画で重要な役マーナ姫の声を演じる。さらに主題歌の「ずっとずっとトモダチ」も担当するなど大活躍する。
そこで愛菜ちゃんは、舞台挨拶で「ずっとずっとトモダチ」を披露した。さらに「みなさん!一緒にダンスをお願いします!」と観客に呼びかけると、会場の子どもたちも一緒に踊りだした。
愛菜ちゃんは、「マーナ姫役の芦田愛菜です。映画が公開されるのをとっても楽しみにしていました。今日はたくさんのみんなと一緒に踊れてとっても楽しかったです!」と映画、舞台挨拶とも充実した様子だった。

桜井監督も、「今日はたくさんのみなさまにお越し頂きありがとうございます。僕らも、この映画が出来上がるのが楽しみで、作っている時にも早く見たい、できたらみなさんにも早く見せたいと思っていました。今日は是非お楽しみください。」と挨拶し、映画披露出来る喜びをトークした。

『映画ジュエルペット スウィーツダンスプリンセス/同時上映 おねがいマイメロディ 友&愛』
8月11日(土)よりTOHOシネマズ渋谷ほか全国公開中
/http://jpet-movie.com/
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集