「ワンピースグランドアリーナツアー」 企画準備快調 製作現場の秘密を一部公開 | アニメ!アニメ!

「ワンピースグランドアリーナツアー」 企画準備快調 製作現場の秘密を一部公開

ニュース イベント

尾田栄一郎さん原作の人気アニメ『ワンピース』の世界をリアルに再現し、全国のアリーナ・コンベティションホールを巡回する展示型イベント「ワンピースグランドアリーナツアー」の開催が迫っている。
8月9日(木)から19日(日)の「さいたまスーパーアリーナ」を皮切りに、愛媛の「アイテムえひめ」、福井の「サンドーム福井」、仙台の「夢メッセみやぎ」で順次開催する。全国各地に「ワンピース」のテーマパークが期間限定で登場する。

その「ワンピースグランドアリーナツアー」の準備が進んでいる。イベントで展示されるジオラマやキャラクター達も順調な仕上がりだ。
ツアー開演を目前に控えて、急ピッチでコンテンツの製作を進めている各工房へ様子がこのほど公開された。各工房の様子からは、「ワンピースグランドアリーナツアー」への期待がさらに高まるだろう。

まず、実物大キャラクターを手がける東京都内の工房では、主人公のルフィが冒険に旅立つ決意をするシャンクスとのシーンを初め、女ヶ島編でのハンコックのシーンなどが作られている。
制作を担当する高野廣茂さんは「とにかくアニメの質感を出すようにしました。アニメまみれにしようと。まず見所はシャンクスとのシーンです。また、ハンコックの衣装では、腰や胸など立体的な部分の模様があうように縫ったりしています。キャラクターにあわせて作っているため、シルエットがあうように衣装展示のマネキンもハンコックの体型にあわせた仕様になっています」と、その作業について説明する。

この他にも数多くの等身大キャラクターが会場には勢ぞろいする予定だ。また「ワンピース」の名シーンを再現したジオラマも登場する。そのジオラマを製作している所沢の工房でも、制作は進む。
仕上げのまっただ中、担当の成澤一広さんは「正式な図面があるわけではないので、アニメのひとつひとつのシーンから、立体的に起こしていきます。アラバスタのクロコダイルとの死闘のシーンでは石の表情を表現したり、細かいところに気をつかっています。ジオラマの製作期間は2ヶ月くらいかかりますね。個人的にはアラバスタのシーンが好きです」と解説する。

こうした等身大キャラクターやジオラマは、物語の展開に合わせて展示され、来場者はルフィたちと一緒に冒険している気分を味わうことができる。そのほかにも、さまざまなプレイコーナーや、グランドアリーナツアー限定グッズの販売もあるということだ。
[多摩永遠]

「ワンピースグランドアリーナツアー」
公式サイト /http://opga.jp

[会期/会場]
[埼玉]
2012年8月9日(木)~19日(日)/さいたまスーパーアリーナ コミュニティアリーナ
[愛媛]
2012年8月22日(水)~26日(日)/アイテムえひめ
[福井]
2012年9月22日(土)・23日(日)・29日(土)・30日(日)/サンドーム福井
[宮城]
2012年11月16日(金)~18日(日)/夢メッセみやぎ
[熊本]
2013年1月1日(火)~6日(日)/グランメッセ熊本
*ツアー後、新潟、岡山など順次全国にて開催予定

[チケット料金]
前売券: 大人(高校生以上)1800円/こども(3歳~中学生)1200円
当日券: 大人(高校生以上)2000円/こども(3歳~中学生)1500円
※料金は全て税込

【PR】世界に一つだけのエディションナンバー  ワンピースの限定ウォッチ
「新世界編 オフィシャルライセンスウォッチ 新たなる指針 (ネクスト・ポース)」

/http://iei.jp/op15-an/
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

関連ニュース

特集