渋谷でガンプラボックスアート展 第一次ガンプラブームを体験 | アニメ!アニメ!

渋谷でガンプラボックスアート展 第一次ガンプラブームを体験

ニュース

ganpuraBOXart.jpg ガンプラボックスアートの魅力を一挙に公開する「ガンプラボックスアート展」と名付けられた企画展が、3月16日から26日まで渋谷パルコで開催される。会場は渋谷パルコ パート1 6階の「パルコファクトリー」だ。
 企画展はバンダイが1980年より販売しているプラモデル「ガンプラシリーズ」のパッケージ原画の展示と複製画の先行販売を中心に構成する。パッケージ原画を通じて、ガンダムの世界に触れるものなる。

 今回、「ガンプラボックスアート展」でフォーカスするパッケージ原画は、第一次ガンプラブームの火付け役となった1/144「機動戦士ガンダム」シリーズ、「MSVシリーズ」を初めとしたものとなる。当時のパッケージ原画は全て手描きで制作されており、その魅力を引き出したものとなる。
 長谷川政幸さんや石橋謙一さんによるそれらの絵は、その独特の世界観や風合いは高く評価されている。ガンプラを語る上で外せない商品であると同時に、現在は、アート作品としても人気が出ているという。

 会場内では、原画の展示、その代表作の複製画先行販売をする。さらに、今年4月にお台場にオープンするガンダムフロント東京に設置される1/1ガンダムの立像の設計図の一部といった様々な資料の展示もする。また映像による紹介コーナーも設置する。
 ガンプラの販売も行うので、ガンプラファンにうれしいだろう。HGUCシリーズ、RGシリーズなどが並ぶ予定だ。

「ガンプラボックスアート展」
会期: 2012年3月16日(金)~3月26日(月)
開催時間: 10時~21時
会場: 渋谷パルコ パート1・6F 「パルコファクトリー」
入場: 無料
主催: バンダイホビー事業部/パルコ  協力: 創通/サンライズ

展示内容:
1. ガンプラボックスアート原画展示
2. ガンプラボックスアート複製画先行販売
3. 「ガンダムフロント東京」告知展示
4. HG、RGを中心とした「ガンプラ」の販売
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集