世界1000万本突破 「NARUTO」ワールドツアー日本大会開催 | アニメ!アニメ!

世界1000万本突破 「NARUTO」ワールドツアー日本大会開催

ニュース

 2月19日にバンダイナムコ未来研究所で「NARUTO-ナルト- ワールドツアー日本大会」が開催された。
 このイベントは、『NARUTO』のゲームがシリーズ世界累計出荷本数1,000万本突破を記念したことと、2月23日にゲームの最新作『NARUTO-ナルト- 疾風伝 ナルティメットストームジェネレーション』がリリースされることを兼ねて実施された。

       naruto2191.jpg

 トーナメントの予選大会は早朝から開催され、公募による当選でこの日を待ち望んだ多くの『NARUTO』ファン達が技を競った。
 イベントには、ホストに『NARUTO』ゲームシリーズプロデューサーの佐々木夕介氏、ゲストにシリーズのゲーム開発を行ってきたサイバーコネクトツーの松山洋さん、アニメ・ゲーム共にうずまきナルト役の声優・竹内順子さん、過去4度のアニメ主題歌を担当したFLOWが登壇した。トーク中では、竹内さんがナルトの声でマンガ原作の岸本斉史さんが寄せた1000万本突破祝福コメントで読み上げるなどファンサービスが満載となった。

 引き続いてFLOWのライブでは、22日に発売となった新曲「ロッククライマーズ」を含む5曲が演奏された。オープニングテーマにもなった「GO!!」が最後に演奏されると、会場が一体になって盛り上がりが最高潮に達した。
 ボーカルのKEIGOさんは「NARUTOのイベントに呼んでいただけて、Liveができて、とても嬉しいです。4回もオープニング曲を担当させていただきました。NARUTOのオープニング曲を担当させていただいたことで、色々な人に僕たちの音楽を聞いてもらうきっかけになりました。FLOWのLiveにNARUTOの額当てをしている子が遊びに来てくれたり・・・NARUTOの曲になると、すごく盛り上がってくれるんです。そういう姿を見ると、とても嬉しいです」とコメント。「アニメも10年、FLOWも10年ということで、同期だな、
と。これからもお互い刺激し合える存在でいたい」。

 ライブの興奮そのままに、最後はトーナメント決勝大会へと突入した。予選大会を勝ち抜いた4名は発売前のソフトにも関わらず高レベルのバトルが繰り広げられた。なかには「プロモーションビデオを見てイメージした」と本作から登場する新キャラクターを悠々と使いこなす猛者も。
 激戦の末に優勝したのは仙人モードナルトで挑んだ石井春雄さん。奥義「風遁・螺旋手裏剣」が決め技となった。松山さんよりトロフィーを贈呈された石井さんは「嬉しいです。体験版もやりこんだし、前作のストーム2は1万勝するまでやりこみました」とコメント。松山さんは「世界中の猛者相手に頑張ってください」とエールを贈った。

 イベントの終了時、出演者全員が再度壇上に現れた。佐々木プロデューサーは「すべては愛だな、と思う。今後もより素晴らしいものを作って皆様に感動を提供したい」と締めくくった。
【真狩祐志】

NARUTO-ナルト-疾風伝
/http://www.bandaigames.channel.or.jp/list/naruto_g/

       naruto2193.jpg
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集