「千と千尋の神隠し」が花札に 鈴木プロデューサーも絶賛 | アニメ!アニメ!

「千と千尋の神隠し」が花札に 鈴木プロデューサーも絶賛

劇場アニメ『千と千尋の神隠し』が、このほど花札となった。日本らしさの溢れた映画の風景を、

ニュース
chihiro1.jpg劇場アニメ『千と千尋の神隠し』が、このほど花札となった。日本らしさの溢れた映画の風景を、日本の伝統的な遊びの世界に甦らせる。ムービックが商品化、12月下旬に発売する。
 『千と千尋の神隠し』は、2001年に公開された宮崎駿監督の代表作である。日本国内興行収入で史上最高記録を持つ。また、国内で数多くの賞に輝いたほか、ベルリン国際映画祭金熊賞、米国アカデミー長編アニメーション賞も受賞するなど国内外で高い評価を受ける。

 そんな映画だけに、商品化も気合い十分だ。物語の舞台となった油屋の世界観を描いた48枚の札は、遊ぶだけでなく、アートとして楽しめるものを目指した。
 アイテム化にあたっては、スタジオジブリとムービックの担当者が、何度もやりとりを重ね千尋の世界観を追求した。この結果、「荻野千尋」の名前が湯婆婆に取られるシーンを再現した桜の赤タンや、湯婆婆の桐20点札など、作品の名場面を盛り込んだ遊び心あふれるデザインが実現した。
 こうして完成した花札は、監修をしたスタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサーも「すごい!ボクも欲しい。」とコメントする。また、花札を見た宮崎駿監督は、雨札の「カオナシ(暴走時)」がお気に入りだという。
 
 商品は通常版と額装版の2種類となる。通常版は税込価格3150円、12月末発送でお正月に遊ぶのにも手軽となる。
 一方、額装版は、コレクショングッズの位置づけだ。全48枚の札を並べることの出来るアクリルプレートのフレームに、鈴木敏夫プロデューサーのコメント入り認定書がつき、税込16800円となる。

『千と千尋の神隠し』花札 通常版
(2011年12月末発送予定)
税込: 3150円(全48枚)
 昔ながらの一行つづりのケース入
 ケース天面に湯婆婆のシール付
 『千と千尋の神隠し』オリジナル役の説明を組みこんだ英・和訳の説明書付
花札本体サイズ約5.4×3.4cm
ケースサイズ約縦6.4×横4.2×高さ4.6cm

『千と千尋の神隠し』花札 額装版
(2012年2月上旬発送予定)
税込: 16800円
 全48枚の札をアクリルプレートに並べ、黒の木製フレームにセット
 背景:黒布マット
[額装版特典]
 スタジオジブリ鈴木敏夫プロデューサーのコメント入り認定書(シリアルナンバー入り)
 『千と千尋の神隠し』のタイトルロゴを彫り込んだ真ちゅう製プレート(額に貼りつけ可能)
額装サイズ約縦44.5×横36.8×厚さ2cm

「ちきゅーや」 /http://www.chikyu-ya.net/
12月16日よりムービック通信販売「ちきゅーや」にて予約受付開始

chihiro2.jpg
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集