今秋から「魔術士オーフェン」新シリーズ 4月に無料の小冊子 | アニメ!アニメ!

今秋から「魔術士オーフェン」新シリーズ 4月に無料の小冊子

ニュース

 累計販売部数1200万部超の人気ライトノベル秋田禎信さんによる『魔術士オーフェン』シリーズに、新シリーズが登場する。3月1日に発表された。出版や映像・アニメなどを手がけるTOエンタテイメントのTOブックスから2011年秋に発売される。
 『魔術士オーフェン』シリーズは、2009年に発売された『秋田禎信BOX』(TOブックス)に収録された「キエサルヒマの終端」、「約束の地で」などが現在の最新エピソードとなっている。それからおよそ2年ぶりの新シリーズとなるだけに、ファンの期待が高まりそうだ。

 新シリーズは、『秋田禎信BOX』以降の物語とされているが、詳しい内容はまだ明かされていない。その物語の一端は、今年4月に姿を見せる。発売に先駆けて、全国の書店で「オーフェン」の世界が楽しめる無料の小冊子を料配布する。この冊子に未発表の書き下ろし短編が収録される。
 新しい「オーフェン」の世界が楽しめるものとなるという。ここに収録された短編は、今後発売される長編単行本に同時収録を予定するが、かなり早目のリリースとなる。

 『魔術士オーフェン』シリーズは、作家 秋田禎信さんの代表作。キエサルヒマ大陸を舞台に魔術士の組織「牙の塔」から離反したオーフェンとその仲間たちを巡る物語が展開する。本編は全20巻に加え、外伝も書かれ、いまなおその世界を拡張する。
 1994年にシリーズをスタート後、大きなブームを巻き起こしている。コミカライズドやアニメ化もされており、アニメ版は1998年、1999年に2シーズンにわたって放映された。

TOブックス /http://www.tobooks.jp/

『魔術士オーフェン』
2011年秋発売予定 
4月より全国の書店で小冊子を無料配布
発行元: TOブックス
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集