「DEAR BOYS」も登場 ニコニコミュージカル第4弾、第5弾発表 | アニメ!アニメ!

「DEAR BOYS」も登場 ニコニコミュージカル第4弾、第5弾発表

ニュース

 動画配信とライブイベント、そして音楽を結ぶつけるニコニコ動画の新たな試みニコニコミュージカルが、早くも第4弾、第5弾のタイトルを発表した。第4弾はニコニコ動画で圧倒的な支持を受けた楽曲の世界観をもとにした舞台劇『ココロ』、第5弾はニコニコミュージカル初のマンガ原作となる『DEAR BOYS』となる。
 両作は4月29日から5月8日までのゴールデンウィークに、同劇場にて同時上演する。期間中マチネ(昼間)とソワレ(夜)の公演を入れ替えつつ、『ココロ』は8公演、『DEAR BOYS』は5公演を予定する。
 
 舞台劇『ココロ』は 2008年 3 月にトラボルタさんがニコニコ動画に投稿した名曲『ココロ』がモチーフになっている。『ココロ』はボーカロイド鏡音リンが、プログラムによって心を得たロボットの感情を歌い上げた楽曲で、再生数は120万回を超える。
 舞台『ココロ』は2009年8月に水戸市芸術祭演劇フェスティバルで上演され好評を博した。2010年5月には、東京・新宿シアターサンモールで再演、今回、ニコニコミュージカルとして帰って来る。
 一方、『DEAR BOYS』は、八神ひろき原作の人気バスケットボールマンガが原作だ。第 31 回講談社漫画賞少年部門を受賞した本作も、2007年冬にミュージカル化され、2008年夏に続編が上演された人気タイトルである。動画共有サイトとの連動で、大きく変化するエンタテイメントの経験も興味深いところだ。

 ニコニコミュージカルは、ドワンゴが主催・企画制作を行うミュージカルである。これまで劇場でしか体験できなかった公演を、ニコニコ動画の「ニコニコ生放送」を使うことでライブにそれぞれに家に送り届ける。コメント付きで映像を楽しむニコニコ動画の機能も最大限に活かす。
 公演にあたっては、実際に劇場で観劇するリアルチケットと、ネットを通じて楽しむネットチケットの2種類を発売する。第2弾の『ニコニコ東方見聞録』では、2595人分のリアルチケットと4460人分のネットチケットを発売した。2011年3月17日から27日には、東京・シアターグリーンにて第3弾『ニコニコニーコ』を上演する。

ニコニコミュージカル /http://www.nicovideo.jp/nicomu

第4弾 舞台劇「ココロ」
原作: トラボルタ ココロ(作詞作曲・トラボルタ)
脚本/演出: 石沢克宜
音楽: トラボルタ
イメージイラスト/コスチュームデザイン: redjuice
特別協力: クリプトン・フューチャー・メディア

第5弾 「DEAR BOYS」
原作: 八神ひろき (講談社「月刊少年マガジン」連載)
演出: 宇治川まさなり
脚本: 三井秀樹
音楽: 坂部剛

劇場: THEATRE 1010
期間 :2011 年 4 月 29 日(金・祝)~5 月 8 日(日)
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集