「フラクタル」1月13日放映開始 主人公キャストに小林ゆうさん | アニメ!アニメ!

「フラクタル」1月13日放映開始 主人公キャストに小林ゆうさん

『フラクタル』が、1月13日から放映開始することが発表された。1月13日のフジテレビ深夜枠「ノイタミナ」を皮切りに、放映をスタートする。

ニュース
fluxtal1110.jpg 2011年初春の新テレビアニメシリーズ『フラクタル』が、1月13日から放映開始することが発表された。1月13日のフジテレビ深夜枠「ノイタミナ」を皮切りに、放映をスタートする。
 また、番組に登場する5人のキャラクターを演じる声優5人も発表されている。『フラクタル』ではこれまで7人のキャラクターが発表されているが、主人公を中心の活躍する5人である。主人公の少年クレイン役には小林ゆうさん、若き巫女のフリュネ役に津田美波さん、アバターの少女ネッサ役に花澤香菜さんである。さらにメインキャラクターとなるエンリには井口裕香さん、スンダ役に浅沼晋太郎さんと人気と実力を兼ね備えた役者が並んだ。

 『フラクタル』は、ストーリー原案に批評や作家などの活動をする東浩紀さん、監督には『らき☆すた』や『かんなぎ』などの山本寛さんを起用する。メディアで注目されることが多いふたりが共演する話題作だ。さらにシリーズ構成に『黒執事II』、『CANAAN』などの岡田麿里さんが参加。3人はマンデルプロ・エンジンというチームを組み原作も手がける。マンガやゲーム、小説から派生しない、完全オリジナルのアニメ企画の物語を生み出す。
 『フラクタル』は世界を管理するフラクタルシステムにより人類が働かなくても生きていけるようになった遠い未来、そしてそのシステムを誰も解析することが出来なくなった頃が舞台になる。物語はそのフラクタルが崩壊しはじめた頃からスタートする。

 小山ゆうさんが演じるクレインは、14歳の少年だ。辺境の島にひとりで住む草食男子である。フラクタルシステムを管理する僧院巫女フリュネを助け、一目惚れしたことから事件に巻き込まれる。そのフリュネが残したブローチから出来てきた少女のかたちをしたデータ ドッペルがネッサである。
 さらにエンリとスンダは、フラクタルシステムに頼らない世界を目指すロストミレニアム運動の一派グラニッツ一家の兄妹だ。終わらない世界に立ち向かう少年少女たちの物語が注目される。
画像:(c)フラクタル製作委員会

『フラクタル』 /http://fractale.noitamina.tv/
2011年1月13日よりフジテレビ「ノイタミナ」ほかにて放送

[スタッフ]
 監督: 山本寛
 原作: マンデルブロ・エンジン
 シリーズ構成: 岡田麿里
 ストーリー原案: 東浩紀
 キャラクター原案: 左
 キャラクターデザイン/総作画監督: 田代雅子
 セットデザイン: 青木智由紀/イノセユキエ
 プロップデザイン: 田中裕介
 メカニックデザイン: 林勇雄
 美術監督/イメージデザイン: 袈裟丸絵美
 色彩設計: 中島和子
 撮影監督: 石黒晴嗣
 編集: 坪根健太郎
 音楽: 鹿野草平
 音響監督: 鶴岡陽太
 プロダクション協力: Ordet
 アニメーション制作: A-1 Pictures

[キャスト]
 クレイン: 小林ゆう
 フリュネ: 津田美波
 ネッサ: 花澤香菜
 エンリ: 井口裕香
 スンダ: 浅沼晋太郎
《animeanime》
【注目の記事】[PR]
【注目の記事】[PR]

特集