新作アニメ3本競演「ANIME FES”VS”」 舞台挨拶に監督3人登壇 | アニメ!アニメ!

新作アニメ3本競演「ANIME FES”VS”」 舞台挨拶に監督3人登壇

ニュース

AFVSMEIN.jpg 新作オリジナルアニメをまとめて上映するイベント「ANIME FES”VS”」が、11月27日から全国5都市5劇場でスタートする。イベントは11月27日からの「バトル1」、12月25日からの「バトル2」、2011年からの「バトル3」に分けて行われ、それぞれジャンルの異なる新作2~3本、トータルで4作品8本を上映するものだ。複数の作品を組み合わせることで、お祭り的な賑わいを生み出す。
 11月27日からのイベント上映は、そのスタートを切るもので『.hack//Quantum 第1話』、『マジンカイザーSKL 第1話』、『コイ☆セント』の3本がプログラムに挙がる。実力派スタッフに人気声優と、いずれも注目の作品だ。

 そして、このイベント上映のオープニングを飾る11月27日、28日に3作品全ての監督が舞台挨拶に登壇することになった。『.hack//Quantum』から橘正紀監督、『マジンカイザーSKL』から川越淳監督、『コイ☆セント』から森田修平監督である。しかも、今回の舞台挨拶は27日、28日の2日間に分けて、全国5都市全てを周るという強行スケジュール。上映のある場所では、必ず3人の監督が挨拶することになる。
 舞台挨拶には人気の声優も出演する。東京、横浜の27日には沢城みゆきさん(『.hack//Quantum』)、浅沼晋太郎さん(『マジンカイザーSKL』)、寿美菜子さん(『コイ☆セント』)、大阪、京都、愛知の28日には花澤香菜さん(『.hack//Quantum』)、浅沼晋太郎さん、寿美菜子さんとなる。3作品競演の「ANIME FES”VS”」ならではの豪華さだ。
 この舞台挨拶回の先行チケット販売が、11月3日よりチケットぴあにてスタートする。チケットは全館共通2500円、いずれも全席指定となる。チケットの詳細は、「ANIME FES”VS”」公式サイトで確認出来る。

 上映作品はいずれもバンダイビジュアルによるOVAタイトルで、異なる世界を同時に楽しめるのが魅力となっている。SFラブコメディ『コイ☆セント』は1話完結。『.hack//Quantum』は仮想ネットゲーム世界を舞台にゲーム、テレビアニメ、劇場映画などで展開したシリーズの最新作、『マジンカイザーSKL』は永井豪&ダイナミック企画によるロボットアクション、この2作品は全3話で今後のバトル2、バトル3につながる。
 今回の上映イベントは話題の作品を大スクリーンで、いち早く観るチャンスとなる。 
 
『ANIME FES”VS”』 公式サイト /http://www.animefes-vs.jp/
チケット情報の詳細は上記公式サイトにて確認ください。

『ANIME FES”VS”』バトルステージ《開幕》 舞台挨拶
11月27日(土)
[登壇者]
沢城みゆき、橘正紀監督 (『.hack//Quantum』)
浅沼晋太郎、川越淳監督 (『マジンカイザーSKL』)
寿美菜子、森田修平監督 (『コイ☆セント』)

【神奈川】 横浜ブルク13
9:00の回上映後/11:20の回上映前
【東京】 新宿バルト9 
12:30の回上映後/14:40の回上映前

11月28日(日)
[登壇者]
花澤香菜、橘正紀監督 (『.hack//Quantum』)
浅沼晋太郎、川越 淳監督 (『マジンカイザーSKL』)
寿 美菜子、森田修平監督 (『コイ☆セント』)

【大阪】 梅田ブルク7
10:40の回上映後/12:55の回上映前 
【京都】 T・ジョイ京都 14:25の回上映後 
【愛知】 伏見ミリオン座 17:00の回上映後
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集