経営の神様ドラッカーの戦略がアニメに?「もしドラ」NHK×IGで | アニメ!アニメ!

経営の神様ドラッカーの戦略がアニメに?「もしドラ」NHK×IGで

経営の神様ピーター・ドラッカーと女子高生、その意外な組み合わせと女の子のイラストを使ったカバーで130万部を越える大ベストセラーになった「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」(ダイヤモンド社)『もしドラ』がテレビアニ

ニュース
moshidoraKEY.jpg 経営の神様と言われる経済学者ピーター・ドラッカーと女子高生、その意外な組み合わせと女の子のイラストを使ったカバーで130万部を越える大ベストセラーになった「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」(ダイヤモンド社)『もしドラ』がテレビアニメ化される。10月18日NHKとNHKエンタープライズ、そしてプロダクション I.Gが明らかにして。
 アニメ制作を作品クオリティで定評のあるプロダクション I.Gが担当、2011年3月中旬頃からNHK総合にて放映を開始する。放映時間は22時55分から、全10話を予定する。異色のビジネス書の大きな枠組みでのテレビアニメ化が、来春に向けて話題を呼ぶことになるだろう。

 ピーター・ドラッカーは1909年ウィーン生まれ、第2次大戦中にナチス・ドイツを逃れイギリス、そして米国に移住した。2005年に世を去るまで、その卓越した識見で戦後の世界の多くの企業経営者に影響を及ぼした。なかでも日本はとりわけドラッカーの経営哲学が広く受け入れられた国としてしられる。日本の戦後の高度経済成長は、ドラッカーなしにはなかったとも言えるかもしれない。
 そんなドラッカーを高校野球の女子マネージャーと結びつけ書籍化、大ヒットになったのが岩崎 夏海さん原作の『もしドラ』である。都立高校の弱小野球部マネージャー川島みなみは、問題山積の野球部を前に「私が野球部をマネジメントして甲子園に連れて行きます!」と宣言、偶然手にしたドラッカーの著書『マネジメント』を手に、自己管理目標、マーケティング、社会貢献、イノベーションと次々のドラッカーの組織運営のコンセプトを取り込んでいく。

 原作は一見、驚きを与えるタイトルだが、むしろそれは企業だけでなく、どんな組織のマネジメントにも共通の原理が流れることを示したものとなる。そして、とっつき難く感じる人も少なくない企業経営論、組織論を分りやすく紹介するツールともなっている。
 NHK総合という全国誰もが見られる馴染みの深い放送チャンネル、そして『攻殻機動隊』などの人気アニメを次々に生み出してきたプロダクション I.G。これまでにないスタイルの誰もが楽しめる新しいテレビアニメが生まれる。
画像: (c)岩崎夏海・ダイヤモンド社/NHK・NEP・IG

     moshidoralogo.jpg

アニメ
「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」

 
[放送予定] NHK総合テレビ 2011年3月中旬  22時55分~ (全10話)
原作: 岩崎夏海  
監督: 浜名孝行
シリーズ構成: 藤咲淳一
制作・著作: NHK・NHKエンタープライズ・プロダクション I.G

NHK  /http://www.nhk.or.jp/
NHKエンタープライズ /http://www.nhk-ep.co.jp/
プロダクション I.G /http://www.production-ig.co.jp/

《animeanime》
【注目の記事】[PR]
【注目の記事】[PR]

特集