「怪盗グルーの月泥棒 3D」ハリウッドが贈る アトラクションムービー | アニメ!アニメ!

「怪盗グルーの月泥棒 3D」ハリウッドが贈る アトラクションムービー

人気作品を数々生み出してきたハリウッドの映画会社ユニバーサルが、今年新たな大作CGアニメーションを3D映画として投入する。米国では7月9日に公開される『怪盗グルーの月泥棒 3D』だ。

ニュース
moonthief.jpg 人気作品を数々生み出してきたハリウッドの映画会社ユニバーサルが、今年新たな大作CGアニメーションを3D映画として投入する。米国では7月9日に公開される『怪盗グルーの月泥棒 3D』だ。
 本作は月を盗んで世界一の大泥棒になろうとする怪盗グルーと3人姉妹の孤児たちの物語。作品はユニバーサル・スタジオのアトラクションを思わせる派手な映像とワクワク、ドキドキするスリル感が魅力となる。プロデューサーには『アイス・エイジ』などを手掛けた名プロデューサー クリス・メレダンドリさんを迎え、第一級の大作映画に仕上げた。

 物語はある日、ピラミッドが盗まれたところから始まる。世界No.1怪盗団の怪盗グルーは、それが悔しくてしょうがない。そこで、プライドをかけて月を盗むという大作戦を計画、ところが作戦に不可欠な秘密兵器を宿敵ベクターに盗まれて、ベクターの基地に出入りできるアグネスら3姉妹の孤児を孤児院から引き取る。ところが3姉妹までベクターに誘拐される。次から次へと息をつく暇もない怒涛の展開となる。
 日本公開は、10月を予定する。配給は東宝東和、TOHOシネマズ 有楽座ほかなどで、全国公開を目指す。
画像: (C) 2009 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED.

 また、このほどこの日本公開時の吹き替え版の声優を演じる主演2人が発表された。怪盗グルー役は、落語や映画、ドラマ、バラエティなどで幅広いジャンルで活躍する笑福亭鶴瓶が演じる。
 物語のキーパーソンとなる3姉妹の末っ子アグネスは、子役スターの芦田愛菜さん。天才子役とも呼ばれる芦田愛菜さんにとっても、今回は声優は初体験、その演技が注目される。
 映画は6月17日から27日まで開催されるロサンゼルス国際映画祭のクロージングセレモニーとして、ワールドプレミア上映される。会場は7000名収容のノキア・シアター、大物スターの多数の登場も予想される中で、笑福亭鶴瓶さんと芦田愛菜さんの2人もこれに参加する。

主演ふたりのコメント
moonthiefvoice.jpg笑福亭鶴瓶
「ハリウッド作品、しかもユニバーサルの作品ということで、惹かれました。それで吹替えのお話を受けました。
海外アニメーション映画の吹き替えをするのは初めてですが、タイミングが難しい。けれど、頑張ります。
前に一度、レッドカーペットを歩きにモントリオールまで行ったら、もう終っていて誰もいないカーペットを一応歩いてみた。でも今度はちゃんと人がいるみたいなので、楽しみです。
しかし、愛菜ちゃんはほんとうに5歳? 吹替えは、愛菜ちゃんの方が上手いんとちゃいますかね。台詞はお母さんと覚えているらしいけど、私もお母さんと一緒に覚えたら、すぐに覚えられるかも。
お母さん!私も一緒に覚えさせて~!(笑)」

芦田愛菜
「アニメが好きだし、一度吹替えをやってみたいなって思いました。台詞はお母さんと一緒に覚えています。吹替えするの、ドキドキしてますが、頑張ります。
外国に行くのは初めてです。飛行機は怖くないけど、耳がキーンってするのを思ったらちょっと怖いな。
とっても面白い作品なので、楽しみにしていてください。吹替え、頑張りま~す」

『怪盗グルーの月泥棒 3D』 /http://tsukidorobou.jp
10月、TOHOシネマズ 有楽座ほかにて全国ロードショー
配給: 東宝東和
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集