6月26日公開「宇宙ショーへようこそ」 シドニー国際映画祭にも出品 | アニメ!アニメ!

6月26日公開「宇宙ショーへようこそ」 シドニー国際映画祭にも出品

劇場映画『宇宙ショーへようこそ』を送り出す。公開直前となる6月初めに作品が、オーストラリアのシドニー映画祭2010で紹介されることが明らかになった。

ニュース
keyspaceshow.jpg 舛成孝二監督が『かみちゅ』から4年、満を持して初の劇場映画『宇宙ショーへようこそ』を送り出す。劇場公開は6月26日、残り2ヶ月を切った。そうしたなかで公開直前となる6月初めに作品が、オーストラリアのシドニー映画祭2010で紹介されることが明らかになった。公式出品作品として、6月6日、13日に上映が行われる。
 シドニー映画祭は今年で57回目を迎える世界でも最も古い国際映画祭のひとつである。映画祭はコンペティションというよりも、良質の作品を紹介することに重点が置かれている。長編実写映画、アニメーション、ドキュメンタリー、短編映画などのジャンルから公式出品作品が選出されている。
 『宇宙ショーへようこそ』は、今年2月には世界3大映画祭のひとつとして知られるベルリン国際映画祭のジェネレーション部門にノミネートされている。今回は、それに続く海外での上映となる。海外の観客にいかに受け止められるかも気になるところだ。

 また、映画公開が迫ったのに合わせて、新しいキービジュアルも公開した。新しいビジュアルでは主人公たちが、ジャングルジムと伴に宇宙に浮かぶ姿となっている。宇宙を舞台にした冒険ストーリーがより強くアピールされている。
 さらに、今回のキービジアルと伴に、5人の子供たち、そして宇宙人ポチを演じる6人のキャストによるオフィシャルコメントも発表された。いずれも映画の魅力を紹介する力の入ったものとなっている。
(C)A-1 Pictures/「宇宙ショーへようこそ」製作委員会

『宇宙ショーへようこそ』 
公式サイト /http://www.uchushow.net/
2010年6月26日より全国ロードショー
配給: アニプレックス

[主要キャスト コメント]

黒沢ともよ(小山夏紀 役)
「本当にハラハラドキドキして、でも最後にポッと心が温かくなるような作品です。色んな人に、この感覚を味わっていただきたいので、ぜひ映画館でご覧になってください」

生月歩花(鈴木周 役)
「みんな、自分でできることをがんばって作りました。笑ったり、泣いたり、感動したり、色んな人の色んな気持ちがいっぱい入ってるので、みなさん観てください」

吉永拓斗(原田康二 役)
「絆と友情が感じられる作品です。『宇宙ショーへようこそ』を観て、友達っていいな、素敵だな、と思っていただけたらいいなと思います」

松元環季(西村倫子 役)
「自分でも何回泣いたんだろう、と思うくらい泣きました。友達とか家族とか大切な人と、ぜひご覧になってください」

鵜澤正太郎(佐藤清 役)
「完成した作品を観て、本当にたくさんのシーンで感動して、友達や家族の大切さを思い出しました。どうか、ひとりでも多くの方に観ていただきたいと思います」

藤原啓治(ポチ・リックマン 役)
「試写場であちこちから『グスッ』という声が聞こえて、何だか嬉しい気持ちになりました。僕もガマンしてたんですけど、劇場に行って、知り合いのいないところで改めて泣こうと思います(笑)
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集