セキスイハイム 40周年記念で加藤久仁生監督の新CM放送 | アニメ!アニメ!

セキスイハイム 40周年記念で加藤久仁生監督の新CM放送

セキスイハイムは4月18日より、加藤久仁生監督の制作したアニメーションによる新CM『つづきを考える物語-春-』の放送を開始する。『つづきを考える物語-春-』は、セキスイハイムの40周年記念「『エコ』のつづきを考える。」の一環として制作された。

ニュース
 セキスイハイムは4月18日より、加藤久仁生監督の制作したアニメーションによる新CM『つづきを考える物語-春-』の放送を開始する。『つづきを考える物語-春-』は、セキスイハイムの40周年記念「『エコ』のつづきを考える。」の一環として制作された。
 加藤久仁生監督は昨年『つみきのいえ』が、第81回アカデミー賞の短編アニメーション賞を受賞したことで知られる。映像制作のロボットのアニメーションスタジオケージに所属し、ウェブやテレビコマーシャル、番組などの制作を手掛けている。

 セキスイハイムの40周年記念公式サイトでは、テレビ放送に先駆けてオンエア版とサイト限定のディレクターズカット版の配信を開始している。そちらでもCMの内容を確認出来る。
 『つづきを考える物語-春-』は、加藤監督の『つみきのいえ』とセキスイハイムの企業理念がピッタリと噛み合ったようにも感じられるCMとなっている。このほか公式サイトでは、作品のイラストによる壁紙とスクリーンセーバーがダウンロード出来るようになっている。
 今後CMは今年度、今回の春に続いて、夏、秋、冬の計4バージョンが制作される予定となっている。公式サイトでは、四季折々の表情を見せながらつづくある家族の物語を通し、「エコ」のつづきや家族のつづきを一緒に考えて行きませんかと問いかけている。

 加藤監督は、今年に入ってからは第2回MOE絵本屋さん大賞で絵本版『つみきのいえ』が大賞受賞、先月末に国立新美術館で開催されたTOKYO ANIMA!で新作の『雪』の上映やシンポジウムへの登壇などで活躍している。
【真狩祐志】

セキスイハイム40周年記念 /http://www.sekisuiheim.com/heims40/
《animeanime》
【注目の記事】[PR]
【注目の記事】[PR]

特集