「イヴの時間 劇場版」名古屋・福岡拡大で 5大都市で上映 | アニメ!アニメ!

「イヴの時間 劇場版」名古屋・福岡拡大で 5大都市で上映

3月6日に東京・池袋テアトルでスタートした『イヴの時間 劇場版』の上映が、じわじわ拡大している。4月3日から既に大阪・テアトル梅田とディノスシネマズ札幌劇場でも公開が始まったが、5月15日には名古屋・伏見ミリオン座、5月29日からは福岡・シネ・リーブル博多駅で

ニュース
eve_poster.jpg 3月6日に東京・池袋テアトルでスタートした『イヴの時間 劇場版』の上映が、じわじわ拡大している。4月3日から既に大阪・テアトル梅田とディノスシネマズ札幌劇場でも公開が始まったが、5月15日には名古屋・伏見ミリオン座、5月29日からは福岡・シネ・リーブル博多駅での公開が決定した。
 2008年にネット配信から始まった『イヴの時間』のムーブメントは、遂に5大都市での劇場公開にまで広がった。作品の持つパワーの大きさをあらためて感じさせるものとなる。

 こうした公開の拡大は、勿論、作品の人気と評価の高さに直結したものである。もともと、劇場化実現がネットで視聴した人たちの口コミという側面もあったが、今回は満員の劇場という目に見えるかたちでの現象となっている。
 最初の劇場である池袋テアトルダイヤでは、同劇場リニューアル後の初日の動員興行記録を樹立する大ヒットとなった。公開後1カ月たった池袋テアトルダイヤでは現在でも上映中、週末をはじめ満員の回が続出している。
 また、ブログやTwitterなどのネットメディアでる評判の高さが目立っているという。新しいアニメビジネスのあり方としても注目されているという。

evekantoku.jpg 今回の劇場拡大について吉浦康裕監督は、「池袋テアトルダイヤとテアトル新宿の2館から始まった劇場公開が、大阪・札幌…さらには名古屋・福岡へと拡大するに至りました。これは、劇場へ足を運んで下さった皆さんの力に後押しされた結果以外の何者でも無いと思います。公開から一ヶ月が経ってなお、新たな喜びを運んでくれるこの作品と、そのファンの皆様に心の底から「ありがとう」を言わせて下さい!」と喜びの様子だ。さらに、福岡は特に監督の地元ということもあり、凱旋上映の夢がかなったとのことである。
 伏見ミリオン座とシネ・リーブル博多駅では、特典DVD付前売券の販売も行う。こちらの詳細は、各劇場への問い合わせで確認出来る。
画像: 
(c)2009/2010 Yasuhiro YOSHIURA / DIRECTIONS, Inc.

『イヴの時間』 公式サイト /http://timeofeve.com/
《animeanime》
【注目の記事】[PR]
【注目の記事】[PR]

特集