販売総数5億3800万台 トミカが40周年で記念事業 | アニメ!アニメ!

販売総数5億3800万台 トミカが40周年で記念事業

 タカラトミーを代表する玩具商品ミニカー「トミカ」が今年で40周年を迎える。タカラトミーは2010年1月から「でっかい子どもに、育てよう」をテーマに、40周年記念事業を開始する。40周年記念商品の発売や、40周年イメージキャラクターの起用、そして様々なキャンペー

ニュース
tomika.jpg タカラトミーを代表する玩具商品ミニカー「トミカ」が今年で40周年を迎える。タカラトミーは2010年1月から「でっかい子どもに、育てよう」をテーマに、40周年記念事業を開始する。40周年記念商品の発売や、40周年イメージキャラクターの起用、そして様々なキャンペーンやコラボレーションなどを予定する。
 トミカは国内を代表するミニカーブランドで、海外製ミニカーが全盛だった1970年に国産ダイキャスト製ミニカーとして誕生した。身近な国産車を多く扱ったことから発売後は、子どもたちの高い支持を受けた。タカラトミーによれば過去40年間の間に発売された車種は800種類以上、販売台数は5億3800万台を超えるという。

 40周年記念商品は3種類。まずは、エコロジー時代に即した「テコロジートミカ」、手転がして遊ぶと発電をする仕組みを持つ。電池を使わずに車の天井部分のバーライトが点灯する。子どもたちが遊びながらエネルギーやエコロジーに興味を持つこと目指す。
 往年のファンにうれしいのは、「40周年記念 40年記(上)・(下)」である。各世代を代表するトミカを4種類ずつセットとする。さらに発売当初のモデルを復刻した「40周年記念 復刻トミカ Vol.1」発売する。

 トミカ40周年イメージキャラクターには「でっかい子ども大使」として山口智充さんを起用する。山口さんが3児の父であることから、子どもと大人双方のアピールしそうだ。
 さらに今春にはでっかい笑顔フォトコンテスト、6600名にプレゼントがあたる「ありがとうキャンペーン」、日産 フェアレディ Z 40周年記念 コラボレーションなど次々に打ち出す。連続してイベントを繰り広げることで、40周年を盛り上げる。

 近年、トミカはミニカーでなく、アパレルや書籍、文具雑貨なども展開するキャラクターブランドの側面も強い。タカラとミーでは、今後もトミカを通じて日本や欧米、アジアなど世界中の子どもたちに遊びの文化や夢を伝えるとする。そして、2010年度には、トミカの玩具とライセンスを合わせておよそ200億円市場を目指したいとしている。

タカラトミー /http://www.takaratomy.co.jp/
トミカ /http://www.takaratomy.co.jp/products/tomica/
《animeanime》
【注目の記事】[PR]
【注目の記事】[PR]

特集