「ドラゴンボール改」 フィギュアで大人向け市場に本格参入 | アニメ!アニメ!

「ドラゴンボール改」 フィギュアで大人向け市場に本格参入

ニュース

DBtamashii.JPG 『ドラゴンボール改』は、いまや国民的キャラクターとして誰もが知っている『ドラゴンボール』の最新作だ。シリーズの中でも人気の高かった『ドラゴンボールZ』を鮮やかななHDリマスターを使い再生、新たに大胆な編集、音楽、音響のリニューアルを経て、よりスピード感を増したシリーズとして蘇った。2009年4月よりテレビ放映を開始し、高い人気を博している。
 作品は新世代の子供たちに「ドラゴンボール」の魅力を伝える役割を持つ一方で、やはり長年のファンも重要な存在となっている。このほどこうした往年のファンを視野に入れた、新しい『ドラゴンボール改』のフィギュア「S.H.Figuarts スーパーサイヤ人 孫悟空」である。

 往年の「ドラゴンボール」ファンは、作品の長い歴史と共に既に30代、40代に突入している。1月23日に税込み3360円で発売される「S.H.Figuarts スーパーサイヤ人 孫悟空」は、そうした大人のファンが要求にマッチするハイクオリティを実現する。
 「S.H.Figuarts」シリーズは、大人向け・マニア向けの玩具の企画・発売を得意とするバンダイ コレクターズ事業部が「Simple style & Heroic action」をコンセプトに、これまでは仮面ライダーシリーズを主軸に展開中のアクションフィギュアのラインである。高さおよそ14cmの中に、大人のユーザーの期待を裏切らない造形、「思い通りのポーズがストレスなく決まる」アクション性を両立させているのが売りとなっている。

 既に2009年11月には、『ドラゴンボール改』からは第一弾「S.H.Figuartsピッコロ」が発売されているが、今回は主人公 孫悟空を投入する。バンダイ コレクターズ事業部はこれをきっかけに、『ドラゴンボール改』によるフィギュア商品の大人向け玩具市場へ向けて本格的に展開するとしている。
 商品の特徴は、S.H.Figuarts特有の造形と可動。アニメ世界のキャラクターの造形を忠実に再現する。かめはや波や元気玉といった必殺技のアクションポーズも自由自在と、バンダイは自信を示す。
画像: 
(c)バードスタジオ/集英社・フジテレビ・東映アニメーション
※実際の商品とは一部異なります。

バンダイ コレクターズ事業部オフィシャルサイト「魂ウェブ」
/http://www.tamashii.jp/

2010年1月23日発売 アクションフィギュア
「 S.H.Figuarts スーパーサイヤ人 孫悟空」 3360円(税込)
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集