アニメ「のだめ」第3弾 放映開始直前にオーケストラで登場 | アニメ!アニメ!

アニメ「のだめ」第3弾 放映開始直前にオーケストラで登場

ニュース

 原作マンガからアニメ、テレビドラマ、映画と様々なメディアに展開する『のだめカンタービレ』。その『のだめ』の中で、もうひとつ忘れることが出来ないのが音楽とのコラボレーションである。
 作品がクラシック音楽をテーマとしていることもあり、これまでにも様々なCDが発売され、そしてクラシックブームを生み出したことで注目されている。また、『のだめカンタービレ』をテーマにしたクラシックコンサートもたびたび開催され人気を呼んでいる。

 そうした中、1月14日よりフジテレビ「ノイタミナ」ほかにてアニメ『のだめカンタービレ フィナーレ』の放送がスタートする。2期にわたって放映されてきたテレビシリーズの完結編にあたる。
 この放送を記念して、「のだめオーケストラコンサート アニメ編 最終楽章 ~楽しい!オケ入門コンサート~」が開催されている。1 月12日、13 日は東京・渋谷Bunkamura オーチャードホールで、14 日に渋谷・NHK ホールを会場としたアニメ『のだめカンタービレ』をテーマにしたクラシックコンサートである。
 アニメ『のだめカンタービレ』シリーズの音楽を担当、映画やテレビの音楽で知られる松谷卓さんがピアノを担当、『のだめカンタービレ フィナーレ』のオープニング・テーマ「まなざし☆ドリーム」を歌うさかいゆうやさんらも登場した。そして、コンサート開催に合わせて発表されたエンディング・テーマ「風と丘のバラード」を歌うReal Paradisもステージに現れる豪華なものである。

       nodameorke.jpg

 また、コンサートの司会を、キャスター皆藤愛子さん(13日のみ)、フジテレビ軽部真一アナウンサーが務める。皆藤愛子さんはヴァイオリンで、軽部アナは指揮者として、のだめオーケストラに参加するなど、エンタテインメント溢れるコンサートを演出した。
 開幕に先立って、このコンサートのリハーサル風景が公開された。皆藤愛子さん、軽部アナの意気込みが披露された。
 子供の頃から指揮者に憧れていたという軽部アナは、「夢が叶った。クラシックのレコードをかけながら指揮の真似事をするような子供だったので、夢のよう」と話す。
 7年ぶりのヴァイオリンに挑戦する皆藤は、「学芸会や学園祭など小規模な演奏会しか経験がないので、本当に緊張しました。でも嬉しかったです。幸せでした。」と、リハーサルが終わって一安心した様子を見せると、「これから本番なんだよ」と軽部アナに突っ込まれる場面もあった。

 既に『のだめカンタービレ 最終楽章 前編』が大ヒットしており、前シリーズも好調だった『のだめカンタービレ フィナーレ』への期待も高まる。映画からコンサート、コンサートからテレビ、そしてさらにテレビから劇場後編へとのだめのシーズンはまだまだ続きどうだ。

『のだめカンタービレ フィナーレ』
/http://www.nodame-anime.com
2010年1月14日 毎週木曜24:45からフジテレビ“ノイタミナ”ほかにて放送
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集