180万本スタートの「FF XIII」 映画館で 3D映像公開 | アニメ!アニメ!

180万本スタートの「FF XIII」 映画館で 3D映像公開

ニュース

 12月17日、大手ゲーム会社のスクウェア・エニックスからプレイステーション3向けのゲームソフト『FINAL FANTASY XIII』が発売された。長年にわたり愛され続けてきた人気ゲームソフトの最新作でもあり、初期出荷数が180万本を超える前評判どおりの圧倒的なスタートを切った。
 今回の出荷でグロバールでのシリーズ累計出荷本数は、9200万本に到達した。今後、2010年3月9日には、北米、ヨーロッパでも『FINAL FANTASY XIII』が発売される。今後は、シリーズ累計出荷1億本も視野に入って来る。

 一方、この新作ソフト発売に合わせたユニークな試みが、映画館で行われる。12月23日から劇場公開となる超大作の3D(立体)映画『アバター』の公開に合わせて、『FINAL FANTASY XIII』の本編映像を3Dにリメイクしたシネアドが上映される。
 これはスクウェア・エニックスとTOHOシネマズが協力するものだ。12月23日から1月5日までTOHOシネマズの各館(錦糸町除く)で、『アバター』上映前におよそ2分間のデジタル3D版『FINAL FANTASY XIII』が披露される。
 映像はスクウェア・エニックスが、本編から選りすぐり場面を立体視向けにリメイクしたものだ。作品の特徴のひとつである高精細なCG 映像をよりダイナミックに描き出す。

 最新の3D映像の実現として世界的に話題を呼ぶ『アバター』に合わせた上映は、やはり高密度の映像で人気の高い「ファイナルファンタジー」シリーズをアピールする場として大きな力を発揮するだろう。
 また、今回の試みは、スクウェア・エニックスの今後のゲーム開発の行方も示していそうだ。3D映像は、過去2年間で劇場映画の世界で急激に広がった。さらに現在は、テレビでも3D対応の動きが加速化している。
 ゲームプレイの際に、テレビの画面を利用するゲームソフトもこうした動きとは無関係ではない。ゲーム企業各社の開発現場では、3D立体に対応するゲームソフトの開発が進んでいると考えられる。「ファイナルファンタジー」シリーズはクオリティの高い映像で知られるだけに、今後の動向も注目される。

スクウェア・エニックス /http://www.square-enix.com/jp/ 

『FINAL FANTASY XIII』 /http://www.square-enix.co.jp/fabula/ff13/
『アバター』 /http://movies.foxjapan.com/avatar/
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集