機動戦士ガンダム展 プレ・イベント「GUNDAM+かみいぐさ」開催 | アニメ!アニメ!

機動戦士ガンダム展 プレ・イベント「GUNDAM+かみいぐさ」開催

ニュース イベント

 『機動戦士ガンダム』の放送開始から30年を迎えた2009年、数々の記念イベントプロジェクトが行われ大きな盛り上がりを見せている。
 その2009年の終わりに、「ガンダム」シリーズを生み出し続けるアニメ製作会社サンライズが本拠を構える東京・杉並で「~ガンダム30周年~ 機動戦士ガンダム展」が開催される。展覧会は、様々な資料や企画上映、トークショーなどで、『機動戦士ガンダム』の世界を紹介するものだ。展覧会は12月1日から2010年2月21日までを予定している。

 この展覧会開催に先立って、11月25日から29日までさらにプレ・イベント『GUNDAM+かみいぐさ』が実施される。プレ・イベントでは、ガンダムを生みだした杉並区・上井草のアニメに関るさまざまな活動を紹介するものである。
 展示コーナーでは、地域の象徴として2008年3月に、上井草駅前に誕生したガンダムモニュメントの制作工程を公開する。また、上井草商店街とサンライズが行っている地域活性化の取り組みの紹介パネル、西武鉄道の車両のヘッドマーク、ガンダム商品券、ガンダムフラッグなどの活動グッズも展示する。

 さらに関連企画では、展覧会場の杉並アニメーションミュージアムを飛び出して、上井草周辺でも展開する。2009年夏に大好評を博した「ガンダムスタンプラリー」を、11月25日から2010年1月11日まで、期間限定で復活させる。
 使用済みの切符を用いてガンダムを描く「切符deアート制作 ガンダムを描こう!」などもあり、盛りだくさんだ。プレ・イベントの詳細は、杉並アニメーションミュージアムの公式サイトで確認出来る。

 今回のプレ・イベントでユニークなのは、国民的キャラクターブランドである「ガンダム」が、上井草の地域活性化と結びついていることだ。近年、アニメを通じた地域起こしが注目されるが、その多くは地方の観光事業など結びついたものである。
 上井草とサンライズ、ガンダムとの連携は、都会の中での地域住民とのコミュニケーションが重視されていることである。企業と地域の長年の信頼関係が生み出してきたものだが、アニメと地域の関係を考える時にまた新たな視点を提供するものだ。

杉並アニメーションミュージアム /http://www.sam.or.jp/

「~ガンダム30周年~ 機動戦士ガンダム展」
プレ・イベント『GUNDAM+かみいぐさ』開催
 

開催期間: 2009年11月25日(水)~2009年11月29日(日)
[内容]
展示コーナー/アニメ上映

■ 関連企画・イベント
□上井草ガンダムスタンプラリー
開催日時: 2009年11月25日(水)~2010年1月11日(日) 10時~16時
□「切符deアート」制作 ガンダムを描こう! 

「~ガンダム30周年~ 機動戦士ガンダム展」
開催期間:2009年12月1日(火)~ 2010年2月21日(日)
詳細は上記、杉並アニメーションミュージアムにて確認ください。
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集